English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2016年1月20日 15時15分 HKT/SGT
Share:
    

Source: Hitachi, Ltd.
日立マクセル、高輝度・高画質を実現した液晶プロジェクター「8000シリーズ」5機種を発売
大ホール・大会議室向け液晶プロジェクター「8000シリーズ」のラインアップ拡充

東京, 2016年1月20日 - (JCN Newswire) - 日立マクセル株式会社(取締役社長:千歳喜弘/以下、マクセル)は、大ホール・大会議室向けに高輝度・高画質を実現した液晶プロジェクター「8000シリーズ」のラインアップを拡充し、2016年2月より順次発売します。

本体の型式および概略仕様

型式: 概略仕様/レンズ/本体希望小売価格(税抜)/発売日
CP-WU8700WJ: WUXGAリアル対応7,000ルーメン 質量:約11.0kg*1/別売/オープン/2016年2月
CP-WU8600UJ: WUXGAリアル対応6,000ルーメン 質量:約11.0kg*1/別売/オープン/2016年2月
CP-WX8750WJ: WXGAリアル対応7,500ルーメン 質量:約11.0kg*1/別売/オープン/2016年2月
CP-WX8560WJ: WXGAリアル対応6,500ルーメン 質量:約11.0kg*1/別売/オープン/2016年2月
CP-X8800WJ: XGAリアル対応8,000ルーメン 質量:約11.0kg*1/別売/オープン/2016年2月

オプションレンズの型式および概略仕様

型式: 仕様/本体希望小売価格(税抜)/発売日
FL-701: 固定短焦点レンズ質量: 約1.1kg/200,000円/販売中
SL-712: 短焦点レンズ質量: 約0.7kg/オープン/2016年2月
ML-713: 標準レンズ質量: 約0.9kg/オープン/2016年2月
LL-704: 長焦点レンズ質量: 約1.5kg/200,000円/販売中
UL-705: 超長焦点レンズ質量: 約1.6kg/200,000円/販売中

映像コンテンツの画質向上や投写画面の大型化などを背景に、高輝度・高画質表示が可能なプロジェクターのニーズが高まっています。

このたび発売する液晶プロジェクター「8000シリーズ」5機種は、HDBaseT(TM)入力端子とDisplayPort入力端子を搭載するとともに、明るさを6,000~8,000ルーメンとし、既存の「8000シリーズ」に対し、さらなる高輝度、高機能化を図りました。

デジタル入力端子として、HDMI(R)×2系統、DisplayPort×1系統に加え、LANケーブル(CAT5e/6)を介して最長約100mまで、デジタル映像信号を伝送することが可能なHDBaseT(TM)×1系統を搭載しています。

さらに、「CP-WU8700WJ」は、業務用ビデオ機器で採用されているSDI端子を搭載しており、同軸ケーブル1本で放送用カメラと接続し最長約100mまで映像/音声信号を伝送することができるなど、デジタル映像機器との接続性を一層強化しました。

また、「エッジブレンディング機能」と「幾何学補正機能」を搭載しており、湾曲した壁面に複数台のプロジェクターで継ぎ目のない大画面を投写することも可能です。縦方向「360度投写」や「縦置き投写*2」も可能で、多様な投写ニーズに対応します。

日立独自技術の「HDCR (High Dynamic Contrast Range)」および「ACCENTUALIZER (アクセンチュアライザー)」を搭載し、画質および視認性の向上を図りました。「HDCR」機能は、明るい室内で不鮮明になりがちな映像の暗い部分を見やすく補正します。また、「ACCENTUALIZER」機能は、画像を小領域ごとに補正する「局所コントラスト補正」を行うことで、陰影感・精細感・光沢感を強調し、より鮮明な画像を映すことができます。いずれも動画に対応し、画像の特徴を解析し、リアルタイム処理を行います。

新機能「カラーマネージメント」は、赤/緑/青/シアン/マゼンタ/黄の色ごとに、色相、彩度、輝度を他の色に影響を与えることなく個別に調整することができます。

本体に同梱のターミナルカバー*3を取り付け、電源コードなどの配線を隠すことができます。また、別売の低天井用薄型金具(型式:HAS-104S)と組み合わせれば、天井になじんだ設置が可能です。

プロジェクターの状態をリアルタイムに表示し、エラーやアラームを的確に伝える「ステータスモニター」、リモコンおよび本体の操作ボタンでレンズシフト・ズーム・フォーカスの微調整が簡単に行える「電動調整機構」、メンテナンスの手間を軽減する「高性能エアーフィルター*4」なども、採用しています。製品本体の無償保証期間*5は3年間です。

なお、「CP-WU8700WJ」「CP-WX8750WJ」「CP-X8800WJ」の本体カラーは、ホワイトのほかにブラックのモデルも用意しています。

マクセルは今後も、大ホール・大会議室など広い空間へ設置するプロジェクターに求められる高輝度・高画質化や設置性、メンテナンス性の向上を図り、お客様のニーズに対応した製品を提供していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2016/01/0120a.html

*1 質量: レンズ含まず
*2 縦置き投写:ランプドアを上に向けた方向のみ設置可能です。
*3 ターミナルカバー:同梱の電源コード(L形)とHDBaseT(TM)端子へのケーブル接続時のみ取付け可能です。
*4 高性能エアーフィルター: 清掃間隔は20,000時間。JIS標準粉体を使用し、浮遊粉塵濃度50mg/m3の条件下での加速試験による予測です。清掃間隔は使用環境により異なります。
*5 無償保証期間: 本体は3年間または使用時間5,000時間のどちらか短い期間になります。消耗部品(フィルター、電池など)および リモコン、冷却ファンは保証対象外です。ランプは、6ヶ月または500時間のどちらか短い期間になります。

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

お客様からのお問合せ先
家電ビジネス情報センター
電話: 0120-3121-19(フリーコール)
時間: 9:00~17:30(日曜・祝日・年末年始・弊社休日を除く)

トピック: Press release summary

http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2019 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 
Hitachi, Ltd. Links

http://www.hitachi.com

https://www.facebook.com/hitachi.global/

https://twitter.com/hitachiglobal?lang=en

https://www.youtube.com/user/HitachiBrandChannel

https://ph.linkedin.com/company/hitachi

Hitachi, Ltd. Releated News
Apr 16, 2019 07:25 HKT/SGT
AMADA to Construct Main Production Facilities in Japan through Collaborative Creation with Hitachi
Apr 11, 2019 12:00 HKT/SGT
日立、お客さまやパートナーとのオープンな協創により、イノベーションの創出を加速する研究開発拠点「協創の森」を開設
Apr 10, 2019 13:00 HKT/SGT
アマダホールディングスが日立との協創を通じて、IoTを活用したヒトに優しい次世代製造モデルを国内の主要拠点に構築
Apr 10, 2019 10:00 HKT/SGT
大阪市水道局と日立が、水需要予測におけるビッグデータの活用技術に関する調査研究を開始
Apr 8, 2019 17:39 HKT/SGT
Hitachi Automotive Systems to Showcase Wide Range of Automotive Technologies at Auto Shanghai 2019
More news >>
Copyright © 2019 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Privacy Policy | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8400