English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2018年2月7日 15時00分 HKT/SGT
Share:
    

Source: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.
三菱重工、次世代大型旅客機「777X」向け後部胴体パネルの初号機を出荷
最新設備による一貫生産体制を構築

東京, 2018年2月7日 - (JCN Newswire) - 三菱重工業は、米国ボーイング社の次世代大型旅客機「777X」向け後部胴体パネルの初号機を、広島製作所江波工場から出荷しました。2015年7月に正式調印した開発・製造に関する契約に基づき、当社は現行777シリーズにおける担当部位を踏襲し、777Xの後部・尾部胴体ならびに乗降扉の製造を手掛けています。

江波工場では同日、これを記念して出荷式を行いました。式典には、ボーイング 777Xプログラム担当バイスプレジデント(Vice President)兼ゼネラルマネージャーのエリック・リンドブラッド(Eric Lindblad)氏や、777/777Xオペレーション担当バイスプレジデント(Vice President)のジェイソン・クラーク(Jason Clark)氏をはじめ多数が列席しました。

江波工場は、旧鉄構工場を改修後、独自の自動化ラインを開発・設置し、品質のさらなる向上、処理能力の拡大と効率化をはかりました。また、777Xでは、部品製造においても独自開発の新型設備を導入し品質向上をはかるとともに、複数の場所にまたがって生産していた工程を集約して、一貫加工によるリードタイム短縮をはかるなど、従来作業におけるボトルネックを解消しています。

777Xは、エアラインへの初号機の引き渡しが2020年に予定されています。

当社は、777Xの国際共同生産においても最新の設備を開発・導入・活用して、民間航空機事業の一層の発展をはかっていきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mhi.co.jp/news/story/1802075922.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

トピック: Press release summary
セクター: Energy
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2018 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 

Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. Releated News
Feb 21, 2018 15:00 HKT/SGT
三菱重工サーマルシステムズが循環加温ヒートポンプ「Q-ton Circulation」を中部電力と共同開発
Feb 19, 2018 11:00 HKT/SGT
三菱重工サーマルシステムズ、ビーバーエアコンの2018年モデル全19機種を発売
Feb 19, 2018 10:32 HKT/SGT
MHI Thermal Systems to Launch 19 Room Air-Conditioner Models into the Domestic Market
Feb 9, 2018 13:00 HKT/SGT
三菱重工サーマルシステムズ、省エネ・環境負荷抑制技術の表彰で3件を受賞
Feb 8, 2018 16:00 HKT/SGT
三菱重工エンジニアリング、米国タンパ国際空港で全自動無人運転車両システム建設工事が完成
More news >>
Copyright © 2018 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Privacy Policy | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 10 8405 3688 | Hong Kong: +852 2217 2912 | Singapore: +65 6304 8926 | Tokyo: +81 3 6721 7212

Connect With us: