English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2018年10月29日 12時30分 HKT/SGT
Share:
    

Source: Showa Denko K.K.
昭和電工、横浜市が公募する研究開発拠点施設整備・運営等事業の優先交渉権を取得

東京, 2018年10月29日 - (JCN Newswire) - 昭和電工株式会社(社長:森川 宏平)は、本日、横浜市が公募した「京浜臨海部守屋・恵比須地区 研究開発拠点施設整備・運営等事業(以下、「本事業」)」の優先交渉権者に選定されましたのでお知らせいたします。

当社は、昭和8年(1933年)に日本アルミナ工業所が操業を開始して以降、セラミックス事業の基幹拠点として、横浜市で長年事業運営を行ってきました。現在はリチウムイオン電池などの先端電池材料や放熱材の開発、エンジニアリング機能など、多岐にわたる事業を同市内にて展開しています。

今回公募があった守屋・恵比須地区(横浜市神奈川区)は、JR新子安駅・京急新子安駅から徒歩圏内かつ高速インターチェンジからも至近の場所であり、国内のみならず海外からのアクセスも良好なエリアです。当社は、本事業において、同地区の立地特性を活かし、当社グループのグローバルでの研究開発拠点を開設し、あわせて国内外の多様な人材が集う融合の場を構築する計画です。

なお、本事業の詳細内容については、別途改めて公表する予定です。

1. 研究開発拠点施設の概要

延床面積
約8,800m2

構造
地上6階建て
1-4階:研究開発施設
5-6階:ラーニングスペース、コラボレーションスペース

2. 今後の予定

2018年11月-19年夏頃
基本協定、事業用定期借地権設定契約締結

2022年春頃
工事竣工、供用開始

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.sdk.co.jp/news/2018/27208.html

概要:昭和電工株式会社

詳細はwww.sdk.co.jpをご覧ください。

本件に関するお問合せ先:
昭和電工株式会社
広報室
03-5470-3235

トピック: Press release summary
セクター: Chemicals
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2018 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 

Showa Denko K.K. Releated News
Nov 9, 2018 13:30 HKT/SGT
昭和電工、超微粒子酸化チタン「スーパータイタニア」生産設備の増強を完了
Nov 9, 2018 12:30 HKT/SGT
SDK Completes Expansion of Capacity for Titanium Oxide Nanoparticles
Nov 8, 2018 15:00 HKT/SGT
昭和電工、平成30年12月期第3四半期決算を発表
Nov 8, 2018 14:00 HKT/SGT
Showa Denko Announces 3Q 2018 Consolidated Financial Results
Oct 10, 2018 14:00 HKT/SGT
昭和電工、大分スポーツ公園内施設のネーミングライツを取得
More news >>
Copyright © 2018 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Privacy Policy | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 10 8405 3688 | Hong Kong: +852 2217 2912 | Singapore: +65 6304 8926 | Tokyo: +81 3 6721 7212

Connect With us: