English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2018年11月8日 13時00分 HKT/SGT
Share:
    

Source: Eisai
エーザイとEAファーマ、抗フラクタルカイン抗体E6011のクローン病治療薬開発で産学官連携の契約を締結し、研究開発を開始

東京, 2018年11月8日 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫、以下エーザイ)とエーザイの消化器事業子会社であるEAファーマ株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:松江裕二、以下EAファーマ)は、E6011のクローン病治療薬開発において、EAファーマと6つの共同研究機関との間で研究委受託契約を締結し、研究開発を本格的に開始しましたのでお知らせします。本研究開発プロジェクトは、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(以下AMED)における医療研究開発革新基盤創成事業(CiCLE)に採択されています1。

E6011は、エーザイの研究子会社である株式会社カン研究所が創製した新規の抗フラクタルカイン抗体です。フラクタルカイン(以下FKN)は、炎症性腸疾患や関節リウマチをはじめとする炎症性疾患の血管内皮細胞に発現し、FKN受容体(CX3CR1)を発現する免疫細胞に結合することで炎症反応を惹起します。E6011は、CX3CR1を発現する免疫細胞の遊走・浸潤抑制による抗炎症作用が期待される新規メカニズムのバイオ医薬(抗体医薬)です。

今回研究開発を開始したCiCLE採択課題「クローン病を対象とした産学連携による本邦発バイオ医薬品と新規薬効予測マーカーの開発」は、EAファーマが代表機関となります。本プロジェクトにおいては、EAファーマがE6011の臨床開発を主導し、研究委受託契約を締結した各研究機関(慶應義塾大学医学部、国立大学法人東京医科歯科大学、北里大学北里研究所病院、公立大学法人名古屋市立大学、国立大学法人鹿児島大学、および株式会社カン研究所)が新規薬効予測マーカーの開発に係る臨床研究を担当します。

EAファーマが参画する産学官連携として、本プロジェクトの他、「組換えヒト肝細胞増殖因子を用いた急性肝不全治療薬」の実用化に対する取り組みがAMEDの研究成果最適展開支援プログラム(AMED・A-STEP)に、「良性小腸狭窄を治療するための内視鏡下で留置可能な自己拡張型生分解性小腸用ステントの開発・海外展開」に対する取り組みがAMEDの医工連携事業化推進事業(開発・事業化事業)に、それぞれ採択されています。さらに、筑波大学との「低分子化合物とバイオマーカーを用いた炎症性腸疾患の治療」に対する取り組みが、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の助成による産学共同実用化開発事業(NexTEP)に採択されています。

EAファーマおよびエーザイは、本研究開発開始を機に、CiCLEの産学官連携を通じて、E6011の開発を促進し、クローン病の患者様とそのご家族のベネフィット向上に、より早期に貢献することが出来るよう取り組んでまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2018/news201896.html

概要:エーザイ株式会社

詳細はwww.eisai.co.jpをご覧ください。

トピック: Press release summary
セクター: BioTech
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2018 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 

Eisai Releated News
Nov 12, 2018 12:00 HKT/SGT
エーザイ、中国において「レンビマ」(レンバチニブ)を新発売
Nov 12, 2018 11:51 HKT/SGT
Eisai Launches Lenvima (Lenvatinib) in China
Nov 9, 2018 09:00 HKT/SGT
エーザイとMSD、「レンビマ」(レンバチニブ)と「キイトルーダ」(ペムブロリズマブ)との併用療法について3がん腫に対する最新の研究成果を第33回がん免疫学会年次総会にて発表
Nov 9, 2018 08:08 HKT/SGT
Eisai: New Data from Investigational Study of Lenvima (Lenvatinib) and Keytruda (Pembrolizumab) Combination in Three Different Tumor Types Presented at the Society for Immunotherapy of Cancer's 33rd Annual Meeting
Nov 8, 2018 14:38 HKT/SGT
Eisai: Industry-Academia-Government Joint Development Agreement Concerning Anti-Fractalkine Antibody E6011 for Treatment of Crohn's Disease Concluded, Research Activities Commence
More news >>
Copyright © 2018 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Privacy Policy | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 10 8405 3688 | Hong Kong: +852 2217 2912 | Singapore: +65 6304 8926 | Tokyo: +81 3 6721 7212

Connect With us: