English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2019年3月7日 15時00分 HKT/SGT
Share:
    

Source: Mitsubishi Electric
三菱電機、「CC-Link IE TSN」対応FA製品発売のお知らせ
TSN技術を活用した「[email protected]」の強化による工場のスマート化に貢献

東京, 2019年3月7日 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社は、世界で初めて※1次世代産業用オープンネットワーク「CC-Link IE TSN※2」に対応したシーケンサ(プログラマブルコントローラ)、サーボアンプ、ロボット、表示器、インバーター、CNCなどのFA(ファクトリーオートメーション)製品、計102機種を5月7日から順次発売します。次世代スマート工場の実現に不可欠な制御通信と情報通信の融合を1つのネットワークで実現し、FA統合ソリューション「e-F @ctory(イーファクトリー)※3」のさらなる強化を図ります。また、超高速・高精度通信により装置の性能向上を実現し、生産性と品質の向上に貢献します。

新製品の特長

1. TSN技術に対応したFA製品により、柔軟なIoTシステムの構築に貢献
- 世界で初めて、「CC-Link IE TSN」に対応したFA製品をラインアップ
- 従来、別系統でネットワークを敷設していた制御通信と情報通信を同一のEthernetケーブルで実現できるので、システム構築にかかる設計・敷設コストの削減に貢献
- 簡単なパラメータ設定で1Gbpsや100Mbpsなど複数の通信周期を混在させることができるため、最適なシステム構築が容易に実現可能

2. 超高速・超高精度通信による生産性・品質の向上
- 最小周期31.25μsのリンクスキャン※4を実現し、従来比16倍※5の高速処理で生産設備・装置のタクトタイムを大幅に短縮し、生産性を向上
- 大規模システムでも通信遅延のない超高精度同期通信※6で、クラウドやエッジコンピューティングシステムでの高精度なデータ分析を実現し、品質を向上

3. エンジニアリングツールによるシステムの利便性が向上
- エンジニアリングツールMELSOFT GX Works3のCSP+(シーエスピープラス)※7による接続機器プロファイル連携機能を採用し、パートナー製品を含めた全接続機器の一元管理を実現
- ネットワーク全体の状況をグラフィカルに表示し、直感的な操作でネットワークや故障機器の診断が可能なため、トラブル発生時のダウンタイムの短縮に貢献

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2019/0307-a.html

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。

トピック: Press release summary
セクター: Electronics
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2019 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 

Mitsubishi Electric Releated News
July 18, 2019 15:00 HKT/SGT
三菱電機、「サンエー浦添西海岸 PARCO CITY」向け昇降機納入のお知らせ
July 17, 2019 12:00 HKT/SGT
三菱電機、2020年度ルームエアコン「ズバ暖霧ヶ峰シリーズ」発売のお知らせ
July 11, 2019 12:00 HKT/SGT
三菱電機とグロービスが、FA分野における「三菱電機アクセラレーションプログラム 2019」を開始
July 8, 2019 11:00 HKT/SGT
三菱電機、AIで高精度に機器の異常を検知する診断技術を開発
July 2, 2019 10:00 HKT/SGT
三菱電機、サイバーセキュリティーソリューション「OTGUARD」提供開始
More news >>
Copyright © 2019 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Privacy Policy | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8575