English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2019年6月28日 8時00分 HKT/SGT
Share:
    

Source: Hitachi, Ltd.
NEDO・NEC・NTTデータ・日立・ゼンリン・日本気象協会、同一空域・複数ドローン事業者のための運航管理システムのAPI仕様書を公開
福島ロボットテストフィールドに相互接続試験の環境を整備

東京, 2019年6月28日 - (JCN Newswire) - NEDO、日本電気(株)、(株)NTTデータ、(株)日立製作所、(株)ゼンリン、(一財)日本気象協会は、福島県と南相馬市、(公財)福島イノベーション・コースト構想推進機構の協力のもと、南相馬市復興工業団地内の「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市・浪江町)における、同一空域で複数事業者のドローンが安全に飛行するための運航管理システム相互接続試験の環境整備に向けて、運航管理システムのAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)の仕様書を、本日、公開しました。

APIを利用することにより、NEDOプロジェクトに参画していない国内外のドローン事業者でも、福島ロボットテストフィールド内で運航管理システムとの相互接続試験を行うことが可能となります。

今後、7月26日にAPIのテストツールを公開し、同時に福島ロボットテストフィールドでAPIの説明会を行う予定です。また、8月30日には運航管理システムのサーバーを稼働させ、福島ロボットテストフィールドで相互接続試験を行える環境を整備する予定です。

なお、上記の相互接続試験は、2017年11月22日にNEDOと福島県が締結したロボット・ドローンの実証等に関する協力協定に基づいて実施する予定です。

1. 概要
国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、同一空域で複数事業者のドローンが安全に飛行するための運航管理システムの開発や、南相馬市復興工業団地内の「福島ロボットテストフィールド※1」(福島県南相馬市・浪江町)における運航管理システムの実証試験※2などを実施するプロジェクト※3を進めており、将来的には国際標準への提案を見据え、あらゆるドローン事業者が安心・安全にドローンを運航できる社会を目指しています。

NEDO、日本電気株式会社、株式会社NTTデータ、株式会社日立製作所、株式会社ゼンリン、一般財団法人日本気象協会は、福島県と南相馬市、公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構の協力のもと、福島ロボットテストフィールドにおける、運航管理システムの相互接続試験のための環境整備に向けて、運航管理システムのAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)※4の仕様書を公開しました。API仕様書は以下のwebサイトよりダウンロードできます。

運航管理システムAPI提供webサイト https://drone-trafficmanagement.jp/

APIを利用することにより、NEDOプロジェクトに参画していない国内外のドローン事業者でも、福島ロボットテストフィールド内で運航管理システムとの相互接続試験を行うことが可能となります。

今後、7月26日にAPIのテストツールを公開し、同時に福島ロボットテストフィールドでAPIの説明会を行う予定です。また、8月30日には運航管理システムのサーバーを稼働させ、福島ロボットテストフィールドで相互接続試験を行える環境を整備する予定です。

なお、上記の相互接続試験は、2017年11月22日にNEDOと福島県が締結したロボット・ドローンの実証等に関する協力協定※5に基づいて実施する予定です。

2. 運航管理システムのAPIについて
運航管理システムのうち、ドローン事業者により運用される「運航管理機能」が「運航管理統合機能」や「情報提供機能」と通信を行う部分のAPIを公開します。「運航管理統合機能」により、他のドローン事業者と飛行計画やリアルタイムの飛行状況および飛行禁止空域など空域の安全に関する情報を共有するサービスを利用することが可能となります。また、「情報提供機能」により、ドローンを安全に運航するために必要な地形、障害物、飛行規制エリアを含む3次元地図情報や、福島ロボットテストフィールドに整備されている気象観測装置のデータを利用したリアルタイム風推定情報などの気象情報を入手することが可能となります。

これらの情報はドローン事業者間で同一の情報が提供されるため、福島ロボットテストフィールドでは、情報の差による誤認識が発生しない運航管理システムの相互接続試験が可能となります。

運航管理システムのAPIを公開する第1段階として、6月28日にAPIの仕様書を公開しました。これによりドローン事業者は相互接続試験に向けたソフト開発に着手が可能となります。次に、第2段階として、7月26日にAPIのテストツールの公開を予定しており、この公開にあわせて相互接続試験に向けた説明会を福島ロボットテストフィールドで開催します。さらに、第3段階として8月30日に運航管理システムのサーバーの稼働を予定しています。サーバーが稼働することで福島ロボットテストフィールドにおいてドローン事業者が飛行試験をする際に運航管理システムのサービスを受けることが可能となります。

3. 今後の予定
NEDO、日本電気(株)、(株)NTTデータ、(株)日立製作所、(株)ゼンリン、(一財)日本気象協会は、運航管理システムのAPIを活用した相互接続試験を福島ロボットテストフィールドで2020年2月まで実施し、同一空域で複数事業者のドローンが安全に飛行するための運航管理システムの実現に向け、APIの確立を目指します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/06/0628.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

トピック: Press release summary
セクター: Electronics, Enterprise IT
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2019 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 
Hitachi, Ltd. Links

http://www.hitachi.com

https://www.facebook.com/hitachi.global/

https://twitter.com/hitachiglobal?lang=en

https://www.youtube.com/user/HitachiBrandChannel

https://ph.linkedin.com/company/hitachi

Hitachi, Ltd. Releated News
Sept 13, 2019 11:00 HKT/SGT
丸紅・日立・日立ソリューションズ、準天頂衛星システム「みちびき」を活用した植林管理の実証実験を開始
Sept 12, 2019 16:00 HKT/SGT
日立オートモティブシステムズ、夜間の歩行者検知機能を有するステレオカメラがスズキの「キャリイ」に軽トラックとして初採用
Sept 12, 2019 15:04 HKT/SGT
Hitachi Automotive Systems Stereo Camera with Night Time Pedestrian Detection Function Adopted by Suzuki's CARRY, a First for a Light Pickup Truck
Sept 12, 2019 11:00 HKT/SGT
日立、AIを活用し、企業ブランドの維持・向上を支援する「ブランドモニタリングサービス」を提供開始
Sept 10, 2019 15:08 HKT/SGT
Hitachi Hosts "Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYO"
More news >>
Copyright © 2019 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Privacy Policy | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8575