English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2019年8月21日 13時51分 HKT/SGT
Share:
    

Source: KDDI CORPORATION
大学スポーツ協会 (UNIVAS)、KDDI・マイナビ・MS&ADインシュアランス グループ ホールディングスとパートナーシップ契約を締結
大学生アスリートの「学修支援」「安心安全」「ファン層拡大」を支援

東京, 2019年8月21日 - (JCN Newswire) - 一般社団法人大学スポーツ協会 (本社: 東京都千代田区、会長: 鎌田薫、以下 UNIVAS) は、本日2019年8月21日、KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI)、株式会社マイナビ (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 中川信行、以下 マイナビ) ならびに、MS&ADインシュアランスグループ ホールディングス株式会社 (本社: 東京都中央区、取締役社長 グループCEO: 柄澤康喜、以下 MS&AD) とパートナーシップ契約を締結しました。

◆大学スポーツの更なる活動の充実へ
UNIVASは、2019年3月1日の設立以来、年間を通じて大学スポーツをもっと盛り上げ、競技を超えてより多くの方々に関心を寄せてもらうため、競技横断大学対抗戦『UNIVAS CUP 2019』を開催しています。さらに本大会に合わせて、より多くの方に大学スポーツに触れていただくために、『動画配信事業』を行うなど、大学スポーツの新たな価値創造に向け活動してきました。

今回のパートナーシップ契約の締結により、大学スポーツにおける「学修支援」「安全安心」「ファン層拡大」の各領域の活動をより一層充実させ、大学生アスリートの環境整備に努めていきます。

◆テクノロジーによる大学スポーツのアップデートへ
パートナー契約を締結したKDDIは、「おもしろいほうの未来へ」をauのブランドメッセージとして掲げ、これまでにボルダリング・サッカー・モータースポーツなどのさまざまなスポーツへ継続的・多面的な支援を行ってきました。このたびのパートナーシップ契約により、同社の協力を得て、次世代移動通信規格「5G」やIoTなど最新テクノロジーを活用し、大学生アスリートの競技能力の向上や新たな観戦体験の提供、ファン層の拡大に向けた支援を共同で行っていきます。

◆大学生アスリートのキャリア支援へ
パートナー契約を締結したマイナビは、これまで、野球やサッカー、ビーチバレー、フェンシングなど、幅広い種目において、大会や選手、チームなどの発展・成長の支援を行ってきました。その中で、学生のスポーツ大会の協賛や、アスリート選手のキャリア・就職支援もされております。このたびのパートナーシップ契約により、大学生アスリートのキャリア形成に関するサポートをはじめ、UNIVAS設立の理念である「卓越性を有する人材」を世の中に輩出していける体制を共同で構築していきます。

◆安全安心の確立に向けた一歩へ
パートナー契約を締結したMS&ADは、「歩みをとめるな」をキーワードに、サッカー日本代表、女子柔道、女子陸上、トライアスロン、水泳などの各分野で、「歩みをとめない」アスリート・パラアスリートへの支援を行っています。このたびのパートナーシップ契約により、重大事故の予防など大学スポーツのリスクマネジメント及び、大学生アスリートが安心して学業やスポーツに打ち込むための活動支援を共同で行っていきます。

なお、パートナー企業各社の掲出ロゴ、代表者コメントは以下をご参照ください。

◆コメント
髙橋誠 KDDI株式会社 代表取締役社長
「KDDIは『豊かなコミュニケーション社会の発展への貢献』を企業理念に掲げ、社会インフラである通信ネットワークの整備をはじめ、お客さまの暮らしを豊かにするさまざまなライフデザインサービスをご提案しております。5G、IoTなど先端技術の活用により、さまざまな産業が高度化し、新しい価値を創造していく時代に向かうなかで、今回のパートナーシップにより、KDDIが有する先端技術とこれまでのスポーツに関する取り組みを組み合わせることで、スポーツを愛するファン・大学生アスリート・団体全てが近未来のスポーツ体験にワクワクし、スポーツを楽しみながら育まれていくことを強力にサポートしていきます。今後、大学スポーツだけでなく、持続可能な社会の実現に向けスポーツ業界全体に積極的に貢献していきます。」

中川信行 株式会社マイナビ 代表取締役社長
常に努力と挑戦を続けるスポーツ選手たちの姿は、学生・社会人、プロ・アマに関わらず、全ての人々に勇気や感動を与えてくれます。マイナビは1973年の創業以来、夢や目標に向かって頑張る人たちを応援する存在でありたいという思いから、人生の転機に寄り添うサービス展開を目指してきました。特に、就職情報をはじめ、学生の皆さんにご提供するサービスは多岐に渡ります。今後も、スポーツに打ち込む学生の皆さんの、ひたむきな姿勢や熱い想いを後押しすべく、UNIVASの取り組みに賛同し、支援させていただきます。

柄澤康喜 MS&ADインシュアランスグループ ホールディングス株式会社 取締役社長グループCEO
UNIVASとのパートナーシップを通じて、その理念である「安心・安全を確保した大学スポーツの振興」の実現に貢献できることは、当社グループが推進する社会との共通価値の創造 (CSV) にも通じる大変意義あることだと考えています。世界で活躍するアスリートの育成や社会人・企業人としての成長、そして社会のさらなる発展に寄与するために、MS&ADグループ全体で取り組みを推進してまいります。

鈴木大地 スポーツ庁 長官
この度、パートナー企業が決定し、発表会を開催する運びとなりましたこと、誠におめでとうございます。UNIVASの設立は、今まで別々の組織、異なる考え方の下で大学スポーツに関与してきた大学と競技団体が、「卓越性を有する人材」の育成といった目標に向けて共に歩み始めることができる、非常に大きな一歩だと考えておりますが、この理念に賛同いただいたKDDI、マイナビ、MS&ADとこうしてパートナーシップ契約を結び、今後様々な取り組みを共にすることで、さらに大きな成果を上げられると期待しております。スポーツ庁としても、大学スポーツの振興に引き続き取り組んでまいるとともに、UNIVASの活動が日本全体の活性化につながることを祈念しております。

鎌田薫 UNIVAS 会長
本年3月に設立されてから未だ間もない当協会に対して、それぞれの業界のトップランナーである各社が、UNIVASの理念に賛同して、パートナーシップ契約を締結して下さったことは誠に有り難く、心からお礼申しあげます。当協会としても、これを機に、パートナー企業の皆様と連携しながら、大学スポーツの振興に向けた活動を更に加速させてまいります。当協会の活動を通じて、大学生アスリートが安心して競技力の向上や学力・人間力の涵養に専念できる環境が整備され、『大学スポーツ』を経験した人材が、新しい時代を牽引していく真のグローバル・リーダーになってくれることを期待しています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2019/08/21/3970.html

概要:KDDI

詳細は www.kddi.com をご参照ください。

トピック: Press release summary
セクター: Telecoms, Security/Biometrics, Mobility/Wireless
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2019 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 

KDDI CORPORATION Releated News
Sept 20, 2019 11:00 HKT/SGT
鹿児島県長島町とKDDI、川商ハウス、長島未来企画、空き家活用と定住促進を目的とした、高解像度VRを活用した移住定住施策を実施
Sept 20, 2019 09:00 HKT/SGT
KDDI、Apple公式の保証サポートに無料でiCloud50GBをセットにしたサービスを提供開始
Sept 19, 2019 14:00 HKT/SGT
au、「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」「iPhone 11」や、「Apple Watch Series 5」、「iPad (第7世代)」を9月20日より順次発売
Sept 9, 2019 13:50 HKT/SGT
KDDI、千葉県全域における公衆無線LANの無料開放について
Sept 6, 2019 15:00 HKT/SGT
KDDI、組織変更および人事異動を発表
More news >>
Copyright © 2019 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Privacy Policy | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8575