English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2019年8月27日 10時00分 HKT/SGT
Share:
    

Source: Mitsubishi Electric
三菱電機、2020年度 三菱ルームエアコン「霧ヶ峰FZ・Zシリーズ」発売のお知らせ
世界初、エアコンの気流を高精度に検知、居住空間に合わせて最適調整し、快適性をさらに向上

東京, 2019年8月27日 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社は、ルームエアコン「霧ヶ峰」の新商品として、AI技術と高解像度センサーを搭載した新開発の「ムーブアイmirA.I.+(ミライプラス)」が、世界で初めて※1、エアコンから吹き出す気流を高精度に検知※2して居住空間に合わせて最適調整し、快適性をさらに向上する「FZシリーズ」と「Zシリーズ」計18機種を11月1日から順次発売します。

新商品の特長

1. 世界初、人工衛星にも搭載された赤外線センサー技術を活用した「ムーブアイmirA.I.+」が気流を高精度に検知
- 当社が設計・製造を担当した陸域観測技術衛星2号「だいち2号」※3にも搭載した赤外線センサー技術※4を活用した高解像度・高感度の「サーマルダイオード赤外線センサー」を搭載
- 「サーマルダイオード赤外線センサー」の搭載により、センサーの画素数が従来比※5 80倍、感度が従来比※5 2.5倍に向上した新開発の「ムーブアイmirA.I.+」が気流を高精度に検知※2
- 世界で初めて※1、エアコンから吹き出した温風・冷風が接する床面などの温度変化から、AIが風の流れと強さを推測し、目標への到達度を判定

2.「ムーブアイmirA.I.+」のAIが居住空間に合わせて気流を自動最適調整
- 従来の体感温度や住宅性能に合わせた運転モードへの自動切り替えに加え、部屋の間取りやレイアウトに応じて気流を自動最適調整
- 家具や間取りの影響でエアコンの風が目標に届いていないことを検知すると、きめ細やかに風向を調整。この最適な気流を学習して次回以降の運転に反映し、快適性を向上

3. 業界初、「サーモでみまもり」機能で、外出先からもスマートフォンで部屋の状況を熱画像で確認
- エアコン本体に無線LAN機能を標準搭載し、スマートフォン向け当社専用アプリ「霧ヶ峰REMOTE(リモート)」を用いて、外出先からも遠隔操作
-「霧ヶ峰REMOTE」に新たに「サーモでみまもり」機能を搭載し、業界で初めて※6外出先からも部屋の状況を熱画像として確認

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2019/0827-a.html

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。

トピック: Press release summary
セクター: Electronics
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2019 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 

Mitsubishi Electric Releated News
Nov 15, 2019 15:00 HKT/SGT
三菱電機、再生可能エネルギーを有効活用する統合ソリューション提案を強化
Nov 14, 2019 10:00 HKT/SGT
三菱電機、「第6回鉄道技術展2019」出展のお知らせ
Nov 6, 2019 17:00 HKT/SGT
三菱電機、EcoVadis社の2019年CSR企業評価において最高位の「ゴールド」を獲得
Nov 5, 2019 14:00 HKT/SGT
三菱電機、準天頂衛星システム CLAS対応高精度測位端末「AQLOC-Light」発売
Oct 25, 2019 14:00 HKT/SGT
三菱電機、「令和元年台風第19号」被害に対する支援について
More news >>
Copyright © 2019 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Privacy Policy | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8575