English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2019年9月2日 11時00分 HKT/SGT
Share:
    

Source: Mitsubishi Electric
三菱電機、世界初 単結晶ダイヤモンド放熱基板を用いたマルチセル構造のGaN-HEMTを開発
移動体通信基地局や衛星通信システムの低消費電力化に貢献

東京, 2019年9月2日 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社は、国立研究開発法人産業技術総合研究所(以下、産総研)集積マイクロシステム研究センターとの共同研究により、高い熱伝導率を持つ単結晶ダイヤモンドを放熱基板に用いたマルチセル構造※1のGaN-HEMT※2を世界で初めて※3開発しました。移動体通信基地局や衛星通信システムに搭載される高周波電力増幅器の電力効率の向上により、低消費電力化に貢献します。

なお、本開発成果の詳細は、SSDM※4 2019(9月2日~5日、於:名古屋大学)で9月4日に発表します。

開発の特長

1. 世界で初めて、マルチセル構造のGaN-HEMTを単結晶ダイヤモンド基板へ直接接合
世界で初めて、トランジスタを並列に8セル組み合わせたマルチセル構造のGaN-HEMT層を、産総研が開発したナノ表面改質層を介した常温接合法により、熱伝導率の高い単結晶ダイヤモンド(熱伝導率1900W/m・K)の放熱基板に直接接合

2. GaN-HEMTの出力密度・電力効率の向上により、省エネに貢献
単結晶ダイヤモンド基板により放熱性を高め、GaN-HEMTの上昇温度を211.1度から35.7度に低減※5し、トランジスタ当たりの出力は2.8W/mmから3.1W/mmへ約10%増加※5、電力効率は55.6%から65.2%に向上※5し、省エネに貢献

開発体制

三菱電機:ダイヤモンドを直接接合したGaN-HEMTの開発(設計、製造、評価、解析)
産総研:ダイヤモンドとGaNの接合プロセス開発

本成果の一部は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託業務の結果、得られたものです。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2019/0902.html

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。

トピック: Press release summary
セクター: Electronics
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2019 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 

Mitsubishi Electric Releated News
Nov 15, 2019 15:00 HKT/SGT
三菱電機、再生可能エネルギーを有効活用する統合ソリューション提案を強化
Nov 14, 2019 10:00 HKT/SGT
三菱電機、「第6回鉄道技術展2019」出展のお知らせ
Nov 6, 2019 17:00 HKT/SGT
三菱電機、EcoVadis社の2019年CSR企業評価において最高位の「ゴールド」を獲得
Nov 5, 2019 14:00 HKT/SGT
三菱電機、準天頂衛星システム CLAS対応高精度測位端末「AQLOC-Light」発売
Oct 25, 2019 14:00 HKT/SGT
三菱電機、「令和元年台風第19号」被害に対する支援について
More news >>
Copyright © 2019 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Privacy Policy | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8575