English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2019年10月8日 13時00分 HKT/SGT
Share:
    

Source: Mitsubishi Electric
三菱電機、コンセプトキャビン「EMIRAI S」を開発
最新のセンシング技術とHMI技術により、将来のMaaS社会の実現に貢献

東京, 2019年10月8日 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社は、最新のセンシング技術とHMI※1技術を搭載したコンセプトキャビン「EMIRAI S(イーミライ エス)」を開発しました。将来のMaaS※2社会の実現に貢献する、安心・安全な移動と車内外との快適なコミュニケーションを提案します。

当社は、「第46回東京モーターショー2019」(10月24日~11月4日、於:東京ビッグサイト)において、「移動を、くらしのヨロコビに」をテーマに、本コンセプトキャビンを出展します。

「EMIRAI S」の主な特長

1. 最新の生体センシング技術により、安全・安心な移動を支援
- 近赤外線カメラにより、非接触でドライバーの脈拍を計測
市場実績のあるDMS※3で培ったフェイストラッキング技術※4を用い、ドライバーの顔が動いても安定した脈拍計測を実現
- 脈拍計測と温度センサーを使った体表温度計測を組み合わせることで、運転中の疲労や眠気、体調急変をより正確に検知し、自動停車させるなど、安全・安心な移動を支援

2. 最新のHMI技術により、車内外との快適なコミュニケーションを実現
- カメラ映像と音声情報を組み合わせ、どの座席の人が・いつ話したかを聞き分け※5、他の乗員の会話中も「EMIRAI S」への要望だけを認識し、快適なコミュニケーションを支援
- 浮遊感・奥行き感のある映像を表示する「ワイドクロッシングディスプレイ」と、複数の機能をシンプルに操作できる「リングノブオンディスプレイ」を組み合わせ、高い視認性と操作性を実現

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2019/1008.html

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。

トピック: Press release summary
セクター: Electronics
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2020 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 

Mitsubishi Electric Releated News
Jan 22, 2020 13:00 HKT/SGT
三菱電機、AIを活用した下水処理場向け曝気量制御技術を開発
Jan 17, 2020 12:00 HKT/SGT
三菱電機とグロービス、「三菱電機アクセラレーションプログラム 2019」最優秀スタートアップ企業 4 社を決定
Jan 10, 2020 14:00 HKT/SGT
三菱電機、労務問題の再発防止に向けた取り組みについて
Jan 9, 2020 12:00 HKT/SGT
三菱電機、「置けるスマート大容量」MX・MBシリーズ新商品発売のお知らせ
Dec 24, 2019 16:00 HKT/SGT
三菱電機、パワー半導体モジュール「SLIMDIP-W」発売のお知らせ
More news >>
Copyright © 2020 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Privacy Policy | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8575