English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2019年10月16日 15時00分 HKT/SGT
Share:
    

Source: Sony
ソニー、高音質に浸れるハイレゾ対応の『WI-1000XM2』などワイヤレスヘッドホン3機種発売
業界最高クラス※1のノイズキャンセリング性能を柔らかなネックバンドでさらに快適に

東京, 2019年10月16日 - (JCN Newswire) - ソニーは、「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」による業界最高クラス※1のノイズキャンセリング性能で、周囲の騒音を低減してハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)の高音質に浸れるネックバンド型の『WI-1000XM2』を含む、Bluetooth(R)対応ワイヤレスヘッドホン計3機種を発売します。

『WI-1000XM2』は、ヘッドバンド型として業界最高クラス※2のノイズキャンセリング性能を実現したワイヤレスヘッドホン『WH-1000XM3』と同じ「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」を搭載しています。従来機種『WI-1000X』に比べて約4倍の信号処理能力で、低域のノイズに加えて中高域のノイズも大幅に低減します。また、二つのドライバーユニットを組み合わせたHDハイブリッドドライバーシステムに加えて、同プロセッサーで高音質化を実現。ワイヤレスでもハイレゾ音質※3を楽しめる音声圧縮技術LDAC(TM)や、ストリーミングサービスを含むさまざまな音源をハイレゾ相当※4にアップスケーリングする独自の高音質技術DSEE HX(TM)にも対応しています。

さらに、イヤホンをより耳の奥まで装着できるアングルドイヤーピース方式のほか、首周りにフィットしやすく、まとめて持ち運びやすいシリコン製の柔らかなネックバンド、ケーブルに新たに設けたリモコンで、装着性と操作性が向上しています。

カラフルな5色を揃えた新h.earシリーズは、コンパクトな形状に一新し、軽快な装着感でハイレゾの高音質を楽しめます。ノイズキャンセリング機能搭載のh.ear on 3 Wireless NC 『WH-H910N』、小型・軽量なh.ear on 3 Mini Wireless 『WH-H810』を展開します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201910/19-1016/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。

トピック: Press release summary
セクター: Enterprise IT, Design/Art, Venture Capital, Digital
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2020 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 

Sony Releated News
July 8, 2020 16:00 HKT/SGT
ソニー、ズーム全域開放F値2.8の明るさで世界最広角12mmを実現した大口径超広角ズームレンズを発売
July 2, 2020 13:00 HKT/SGT
ベルシステム24とソニーCSL、独自開発の人工知能(AI)技術によるコンタクトセンター運用に特化したサービスの提供を開始
June 24, 2020 12:00 HKT/SGT
ソニー、映像クリエイター・フォトグラファーへの支援の開始について
June 16, 2020 13:00 HKT/SGT
ソニー、新開発の「X-Balanced Speaker Unit」でスマートフォンの音楽も楽しめるEXTRA BASS(TM)シリーズワイヤレススピーカーを発売
June 12, 2020 14:00 HKT/SGT
ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ、人事を発表
More news >>
Copyright © 2020 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Cookies Policy | Privacy Policy | Disclaimer | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8575