English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2019年10月23日 8時30分 HKT/SGT
Share:
    

Source: Honda
Honda独自の高効率電動化技術を「Honda e:TECHNOLOGY」として展開

東京, 2019年10月23日 - (JCN Newswire) - Hondaは、二輪車、四輪車の電動モビリティー製品や、エネルギーマネジメント技術を含むHonda独自の高効率電動化技術の新たな総称「Honda e:TECHNOLOGY(ホンダ イーテクノロジー)」を本日発表しました。

Honda e:TECHNOLOGYは、2030年ビジョンで掲げる「移動と暮らしの価値創造」を具現化するHondaの高効率電動化技術の総称であり、その傘のもと、二輪車、四輪車、パワープロダクツの電動化に関わる技術群・関連製品に統一名称となる「e:」を付けることで、各領域の製品や技術の訴求を一貫したコミュニケーションで展開していきます。

また四輪車では、Hondaの電動化コア技術、2モーターハイブリッドシステムのコミュニケーション名称を、モーター走行を中心とした新たな時代のハイブリッドとして「e:HEV(イー エイチイーブイ)」と定め、2020年2月発売予定の新型「FIT(フィット)」や新型「ACCORD(アコード)」などから、順次、訴求を展開していきます。

Honda e:TECHNOLOGYの“e:”は、“electric(電気)”を“energy(原動力)”にし、人々の笑顔と元気を力強く“energize(活気づける)”していきたい、という想いを込めています。

Honda e:TECHNOLOGYにより、「エネルギーを『つくる、つかう、つながる』」というサイクルを循環させ、移動と暮らしをシームレスにつなぐことでHondaならではの新しい価値を提供し、カーボンフリー社会の実現に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2019/c191023b.html

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。

トピック: Press release summary
セクター: Automotive, Daily News, Engineering
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2019 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 
Honda Links

http://www.honda.com

https://plus.google.com/110355594819754396833

https://www.facebook.com/HondaJP

https://twitter.com/HondaJP

https://www.youtube.com/user/HondaJPPR

https://ph.linkedin.com/company/honda-motor-co-ltd-

Honda Releated News
Nov 19, 2019 13:00 HKT/SGT
HRCとアレックス・マルケス選手の契約が合意
Nov 15, 2019 11:00 HKT/SGT
Honda、「CIVIC SEDAN/CIVIC HATCHBACK」の改良モデルをホームページで先行公開
Nov 15, 2019 11:00 HKT/SGT
Honda、大型プレミアムツアラー「Gold Wing」シリーズの商品魅力を向上させ、カラーバリエーションを変更し発売
Nov 12, 2019 10:00 HKT/SGT
Honda、ロボットが活躍するための施設環境等の変革の検討に着手
Nov 11, 2019 15:00 HKT/SGT
Honda、役員委嘱人事に関するお知らせ
More news >>
Copyright © 2019 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Privacy Policy | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8575