English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2019年12月9日 9時00分 HKT/SGT
Share:
    

Source: Eisai
シスメックスとエーザイ、血液による簡便なアルツハイマー病診断法の創出に向けた学術報告を発表
第12回アルツハイマー病臨床試験会議(CTAD)における発表内容について

東京, 2019年12月9日 - (JCN Newswire) - シスメックス株式会社(本社:神戸市、代表取締役会長兼社長 CEO:家次 恒 以下「シスメックス」)とエーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤 晴夫 以下「エーザイ」)は、2019年12月4日から7日まで米国カリフォルニア州サンディエゴで開催された第12回アルツハイマー病臨床試験会議(Clinical Trials on Alzheimer's Disease: CTAD)において、両社が共同で開発を進めている、血液を用いたアルツハイマー病(以下「AD」)診断法に関する最新データとして、シスメックスのタンパク測定プラットフォームである全自動免疫測定装置HISCL(TM)シリーズを用いて測定した血漿中の脳由来アミロイドベータ(以下「Aβ」)から、脳内アミロイド病理を把握できる可能性が示唆されたことをシスメックスが代表して発表しましたのでお知らせします。

認知症の当事者数は、グローバルで2030年に8,200万人、2050年には1億5,200万人に達し、医療費・介護費・生産性低下などによる社会的コストは2030年で220兆円ともいわれています※1。日本における認知症の当事者数は、2012年に約462万人、2025年には730万人に達し※2、社会的コスト対GDP比は2025年で4.1%※3(25.8兆円※4)になるといわれています。なかでも、ADの当事者数は、認知症当事者数の60%以上を占めています※2。

ADは、病態生理学的には、神経細胞外へのAβ凝集体の蓄積が引き金になって、神経細胞内にタウ凝集体が蓄積し、その結果シナプス障害や神経細胞死に至る疾患と考えられます。これらの脳内変化により、認知機能障害や精神症状・行動障害を引き起こします。つまり、ADでは、認知機能障害が現れる前から脳中にAβが凝集・蓄積することが知られており、Aβを標的とする治療法では、早期診断、早期介入がより有効性を高めると考えられます。現在、脳内アミロイド凝集体の検出方法としてアミロイドPETと脳脊髄液(CSF)中のAβ1-42/Aβ1-40比が用いられていますが、アクセス面・費用面・身体面で当事者様への大きな負担となっています※5。

シスメックスとエーザイは2016年2月に、認知症領域に関する新たな診断薬創出に向けた非独占的包括契約を締結し、互いの技術・ナレッジを活用し、認知症の早期診断や治療法の選択、治療効果の定期的確認が可能な次世代診断薬の創出を目指してきました。

両社は2019年7月に開催されたアルツハイマー病協会国際会議(Alzheimer's Association International Conference: AAIC)2019において、CSF中と血漿中のAβ1-42/Aβ1-40比の相関性(スピアマン順位相関係数(rs)※6=0.502、p<0.001)から、血漿中Aβ1-42/Aβ1-40比を測定することにより脳内アミロイド病理を把握できる可能性が示唆されたことを報告するとともに、血漿中のAβ1-42/Aβ1-40比とアミロイドPETとの関連について検討を進めてきました。

CTADでは、両社が共同で開発している血液による簡便なアルツハイマー病診断法の創出として、HISCL(TM)シリーズを用いて測定した血漿中のAβ1-42/Aβ1-40比と、アミロイドPET判定結果の的中率を検証した結果から、血漿中のAβ1-42/Aβ1-40比から脳内アミロイド病理を把握できる可能性が示唆されたことに加え、HISCLTM測定系が血漿中のAβを正しくとらえていることを検証するための手法について発表しました。

シスメックスとエーザイは、認知症の予防および治療に対する新しい診断技術の創造に取り組み、医療の発展と進化に貢献することで、当事者様とその家族のQOL向上の実現を目指します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2019/news201990.html

概要:エーザイ株式会社

詳細はwww.eisai.co.jpをご覧ください。

トピック: Press release summary
セクター: BioTech
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2020 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 

Eisai Releated News
Oct 1, 2020 09:00 HKT/SGT
エーザイと生化学工業、変形性関節症治療剤SI-613について韓国における販売提携に関する契約を締結
Sept 30, 2020 14:06 HKT/SGT
Eisai and Seikagaku Enter into Agreement for the Marketing Alliance of SI-613, a Treatment of Osteoarthritis, in South Korea
Sept 30, 2020 09:00 HKT/SGT
エーザイ、人事異動ならびに組織改編(2020年10月1日付)を発表
Sept 28, 2020 10:00 HKT/SGT
ギリアドとエーザイ、「ジセレカ(R)錠」(一般名:フィルゴチニブマレイン酸塩)について日本で関節リウマチに関する製造販売承認を取得
Sept 28, 2020 08:04 HKT/SGT
Eisai: Jyseleca (Filgotinib) Approved in Japan for Rheumatoid Arthritis
More news >>
Copyright © 2020 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Cookies Policy | Privacy Policy | Disclaimer | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8575