English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2020年6月22日 20時00分 HKT/SGT
Share:
    

Source: Landmark Worldwide LLC
ワーナー・エアハードとマルチン・ハイデガーの存在論
ベストセラー本を通じて画期的なアイデアが新世代の思想家らに紹介されます。エアハードのトランスフォーメーション(変容)存在論的研究とハイデガーの哲学的研究がここに初めて集約されました。

シカゴ, 2020年6月22日 - (JCN Newswire) - 先行きが不透明で混乱が続くこのような困難な時代において、私たちは何がもはや手に入らず、何が起こり、何が起こらない可能性があるかに留意しながら、多くの時間を過ごしています。このような理由から、新刊『スピーキング・ビーイング(話す存在)』はかつてないほど重要な意味を持っています。

スピーキング・ビーイング(話す存在):ワーナー・エアハードとマルチン・ハイデガーと人間であることの新しい可能性』(ワイリー出版)は、Amazon哲学部門でNo.1ベストセラーとなり、比較的研究されていない「存在」の世界に焦点を当てる機会となっています。

ブルース・ハイド 教授(博士)とドリュー・コップ教授(博士)が執筆し絶賛された本書は、20世紀の最も著名な哲学者の1人であるマルチン・ハイデガーによって開発された思想や方法、そして1970年代のエスト・トレーニングに続き1980年代に「フォーラム」プログラムを創設した画期的な思想家であるワーナー・エアハードの思想について、先例のない研究を紹介しています。

著者らは、エアハードの「フォーラム」のトランスクリプトを、彼の思想や方法論とハイデガーの哲学的思想を組み合わせて、並行的に比較表示・分析することで、エアハードの存在論的修辞学の持つ力と、一般には難解なハイデガーの思想を幅広い読者に伝えています。本書は、様々な学問分野の学者にとって複雑かつ重要な新たなアイデアに命を吹き込み、人間存在の可能性とそのアクセスに関心のあるすべての人に入り口を用意しています。その中で明らかになるのは、人間存在の本質への新たな洞察であり、人間存在への新たな可能性を切り開いていくことです。

ペンシルベニア大学倫理学のジョナサン・D・モレノ教授は「この本は力強く、想像力を刺激し、苛立たしく、面白く、恐ろしく、そして啓示に満ちている。ここにはそれらすべてが同時に存在する。かつ、あなたの人生をトランスフォームする力を備えている。」と述べています。

コロラド大学ボルダー校のマイケル・E・ジマーマン名誉教授は、「『スピーキング・ビーイング』はハイデガーとエアハードを理解する上で非常に重要な貢献をしています。後者はこれまでほとんど本格的な学術的関心を受けることはありませんでしたが、本書ではその不足分の埋め合わせを始めています。さらに、ハイデガーの思想に関する本書の分析は、私がこれまでに読んだ中で最高のものの1つです。私はこの本をすべての読者に無条件で推薦します。」と述べています。

配信元企業: Landmark Worldwide LLC



トピック: Press release summary
セクター: Daily News, Local, Education
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2020 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 

Landmark Worldwide LLC Releated News
June 22, 2020 21:00 HKT/SGT
ワーナー・エアハードとマルチン・ハイデガーの存在論
June 18, 2020 06:30 HKT/SGT
Werner Erhard and Martin Heidegger On Being
More news >>
Copyright © 2020 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Cookies Policy | Privacy Policy | Disclaimer | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8575