English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
Tuesday, 23 September 2014, 05:00 HKT/SGT
Share:
    

Source: Averna
Averna、ケーブル業界初のDOCSIS 3.1プロトコルアナライザを発表
主要な業界のプレーヤーと共同開発、DP-1000は次世代ケーブルネットワーク向けの非常に重要なDOCSIS 3.0/3.1プロトコルアナライザ

デンバー, 2014年9月23日 - (ACN Newswire) - 世界中の通信機器・電子機器メーカー向けのテストソリューションおよびサービスの業界をリードするAvernaは本日、業界初のDOCSIS 3.1プロトコルアナライザ・ソリューションを発表しました。Avernaは、DOCSIS DP-1000プロトコルアナライザを、9月22日から25日まで米国コロラド州デンバーで開催されるSCTEケーブルテックエクスポにて、初めて展示します(ブース#1316)。

Averna、ケーブル業界初のDOCSIS 3.1プロトコルアナライザを発表

AvernaのDP-1000プロトコルアナライザは、主要な業界のプレーヤーと共同開発され、DOCSIS 3.0とDOCSIS 3.1の両方に対応します。DP-1000は、ローカルネットワークおよびインターネット回線の解析、デバッグ、維持、監視に用いられます。本製品により、ケーブルテレビ統括運営会社(MSO)やチップセット メーカー、製品開発者、認証機関は簡単にトラブルを特定して解決でき、最高水準のサービスを維持することができます。

FPGA技術によって高速信号処理向けに最適化したDP-1000は、最大32x8のシングルまたはボンディングされたアップストリーム/ダウンストリームチャネル(DOCSIS 3.0)、最大2x1のOFDM(マルチキャリア)のアップストリーム/ダウンストリームチャネル(DOCSIS 3.1)をリアルタイムで分析します。その他、チャネルフィルタリング、復調、トリガ、表示、アップグレードなど多数の機能が含まれます。

DP-1000は、CMTS(ケーブルモデム終端システム)とCPE(顧客宅内機器)間のパッシブスニファとして、DOCSIS MACレイヤのデータをリアルタイムでキャプチャおよびフィルタリングし、RFパラメータの確認や、MACレベルの通信の検証を行うほか、相互運用性のトラブルを解決し、ネットワークパフォーマンスを向上させます。

ハイライト

- FPGAを使用した信号処理機能によってDOCSIS 3.0/3.1の両方に対応
- ダウンストリーム入力周波数範囲:5 MHz-1.8 GHz(アップストリーム:5-200 MHz)、分解能:1 MHz
- 200 MHz帯域幅に対応する最大7つの収集カード(ダウンストリーム対応5、アップストリーム対応1、ダウンストリームおよびアップストリーム兼用1)
- 最小のフットプリント(60ポンド/27 kg)でシングル4Uサイズ19インチ(48 cm)ラックに搭載
- FPGAベースのアーキテクチャにより、再構成可能で、柔軟性、アップグレード、拡張性に優れる
- 数多くのチャネルフィルタリング機能や、配置、バースト、コンステレーション、スペクトルなどの表示機能

Avernaでブロードバンド・テスト・ストラテジーのディレクタを務めるAlex Pellandは、次のようにコメントしています。「DOCSIS 3.1のより高い帯域幅および高速データ通信により、ケーブルテレビ統括運営会社には、ビジネスサービス、OTT(Over The Top)ビデオ、4Kビデオ、3Dテレビなどさまざまな領域への新しい扉が開かれます。プロバイダは、DOCSIS 3.1機器の評価を始めるにあたり、通信問題の解決に必要な最も優れたテストツールについても検討が必須です。当社のDP-1000プロトコルアナライザでは、新しいDOCSIS 3.1の抱える課題に対応するだけでなく、現在展開されているDOCSIS 3.0にも対応し、プロバイダが最高水準のサービスを維持するためのお手伝いをします。」

価格、入手方法、詳細情報

現在、DP-1000 DOCSIS 3.1 プロトコルアナライザは世界中の顧客向けに販売されています。詳細に関しては sales@averna.com までお問い合わせいただくか、DP-1000 製品情報をご参照ください。

ツイートする( http://ctt.ec/Z42fS ): From @Avernatech: Averna、ケーブル業界初の#DOCSIS 3.1プロトコルアナライザを発表 http://bit.ly/1qRw099

Avernaについて

Avernaは世界中の通信機器や電子機器のメーカーに、テストおよび品質管理のソリューションを提供する一流プロバイダーです。テストシステムの設計からプロトタイプの検証や製造ステーションの配備、テスト結果分析や導入済みテスト機器の管理まで、テストのあらゆる段階でお客様をサポートします。通信、航空、防衛、自動車、家電、医療機器など各業界のAvernaの顧客は、Proligent(R)や、RFテスト機器、その他のテスト ソリューションを使用し、製品開発の高速化、製造コストの削減、ライフサイクルを通じた最高品質の達成、重要なサプライチェーン問題の解決を可能にしています。

Avernaは世界各地に地域オフィスを構え、JOT Automation、Keysight Technologies、National Instrumentsなどセールス パートナーを有しています。Avernaは1999年に法人化されており、2009年にはErnst & Young Entrepreneur of the Year(R)を受賞しました。また、2007年からは北米で最も急速に成長中の技術企業の1つとしてDeloitte Fast 500に指名される栄誉を受けています。 www.averna.com

(c) Copyright 2014 Averna. All rights reserved. 内容は予告なく変更される場合があります。AvernaおよびProligentはAverna Technologiesの登録商標です。その他記載されている会社名・商品名などは、各社の商標および登録商標です。

販売に関するお問い合わせ先
フレネット・エティエン
アジア担当副社長
etienne.frenette@averna.com
045-222-3242

報道関係者からのお問い合わせ先
Isabelle Pilon、マーケティング・スペシャリスト
isabelle.pilon@averna.com
T: +1-514-842-7577 x421

Topic: New Product
Source: Averna

Sectors: Design Process, Media & Marketing, Electronics
https://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2022 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 

Averna Releated News
2018年9月28日 7時00分 JST
Averna、先進的な衛星測位アプリケーションに対応する最新ソフトウェアツールキットを発表
2018年9月28日 7時00分 JST
Averna Announces New Software Toolkits to Support Advanced Satellite Navigation Applications
2018年2月15日 21時00分 JST
Averna、次世代GNSSアプリケーション向け広帯域500 MHzのRF信号収録・再生機を発表
2018年2月15日 21時00分 JST
Averna Introduces 500 MHz Wideband RF Record and Playback for Advanced GNSS Applications
2017年6月7日 8時00分 JST
Averna、インフォテインメントシステムのテスト用デジタルビデオとオーディオツールキットの販売においてMaxEye Technologiesとのパートナーシップ締結を発表
More news >>
Copyright © 2022 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Cookies Policy | Privacy Policy | Disclaimer | Terms of Use | RSS
US: +1 214 890 4418 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6549 7068 | Tokyo: +81 3 6859 8575