English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2015年10月7日 6時00分 JST
Share:
    

Source: Averna
Intel、DOCSIS 3.1準拠のチップセット検証にAvernaを採用
AvernaのDOCSIS 3.1プロトコルアナライザにより、設計検証・認証を加速

モントリオール, 2015年10月7日 - (JCN Newswire) - 世界中の通信機器・電子機器メーカー向けテストソリューションおよびサービスのリーディングディベロッパーであるAvernaは本日、Intelが最終的な認定試験の前に行うDOCSIS 3.1準拠のチップセット検証に、AvernaのDP-1000 DOCSIS(R)プロトコルアナライザを採用したことを発表しました。

Intel、DOCSIS 3.1準拠のチップセット検証にAvernaを採用

DP-1000はRF性能の確認、MAC層の通信の検証、相互運用性のトラブルシュートを行い、DOCSIS MAC層データをリアルタイムでキャプチャ、フィルタリングすることで、ネットワークの性能を高めます。

主要な業界のプレーヤーと共同開発され、DOCSIS 3.0 及び 3.1の両方に対応するDP-1000は、ローカルネットワーク及びインターネット回線の解析、デバッグ、メンテナンス、監視のための最新ツールをユーザーに提供します。ケーブルテレビ統括運営会社(MSO)、チップセット製造者、製品開発者、そして認証取得者が不具合箇所を即時に発見し、解決するために本装置を用いることで、最高水準のサービスを維持しています。

FPGA技術によって高速信号処理向けに最適化したDP-1000は、最大32x8のシングルまたはボンディングされたアップストリーム/ダウンストリームチャネル(DOCSIS 3.0)、最大2x1のOFDM(マルチキャリア)のアップストリーム/ダウンストリームチャネル(DOCSIS 3.1)をリアルタイムで分析できます。その他、チャネルフィルタリング、復調、トリガ、表示、アップグレードなど多数の機能が含まれます。

Avernaでブロードバンド・テスト・ストラテジーのディレクタを務めるAlex Pellandは、次のようにコメントしています。「Intelは新製品のチップセットを検証するために、DOCSIS 3.0及び3.1の両方に対応し、MAC層及び物理層部分についてCableLabs(R)仕様に準拠しているかを検証でき、CMTSとの相互運用性の評価を行えるソリューションを探していました。当社のDP-1000 DOCSIS(R)プロトコルアナライザはこれらの要件を満たす最適なソリューションでした。DOCSIS 3.1は高度な次世代の製品やケーブルサービスを実現するため、Intelなどのブロードバンド機器メーカーは重要な検証や認証を加速させるDP-1000から恩恵を受けることができます。」

DP-1000の概要

- DOCSIS 3.0及び3.1の両方のプロトコルに対応、混合モードにも一部対応
- 入力周波数帯域:100 MHz–1.8 GHz(ダウンストリーム)、5–200 MHz(アップストリーム)
- 200 MHz帯域幅に対応する収集カード
- 最小のフットプリント(60ポンド/27 kg)でシングル4Uサイズ19インチ(48 cm)ラックに搭載
- FPGAベースのアーキテクチャにより、再構成、アップグレード可能で、優れた柔軟性、拡張性を実現
- チャネルフィルタリング、復調、トリガ、表示、アップグレードなど多数の機能を提供
- オプションのDOCSISベクトル信号解析(VSA)により、ダウンストリーム/アップストリームともに、バースト、コンステレーション、SN比(SNR)、変調誤差比(MER)、エラーベクトル振幅(EVM)、パワーレベルなど、RF信号及び同期信号解析が可能

DP-1000関連ニュース

AvernaはDP-1000 DOCSISプロトコルアナライザソリューションの開発で、Frost & Sullivanより、「2015 Global DOCSIS Cable Networks New Product Innovation Award」を受賞しました。詳細については、完全版のベストプラクティス・リサーチをご参照ください。 http://bit.ly/1LuvbOk

Avernaについて

テストエンジニアリング業界のリーディングカンパニーであるAvernaは、戦略的パートナーとして、通信機器・電子機器メーカーの高品質化、製品開発の高速化、付加価値されたテストシステムの実現化を成功へと導きます。Avernaは1999年に設立され、航空、自動車、コンシューマ・エレクトロニクス、防衛、医療機器、通信、運輸など各業界の数百に及ぶ顧客向けに、専門知識及び革新的なテスト ソリューションを提供し、コスト、技術、ブランド面で大きなメリットをもたらします。Avernaは世界各地に地域オフィスを構え、ISO、CSIA、ITARなど数多くの業界における認証を取得しており、National Instruments、Keysight Technologies及びJOT Automationをはじめとする パートナー企業を有しています。www.averna.com

(c) Copyright 2015 Averna. 無断複写・転載を禁じます。内容は予告なく変更される場合があります。AvernaはAverna Technologies の登録商標です。CableLabs及びDOCSISはCable Television Laboratoriesの登録商標です。その他記載されている会社名・商品名などは、各社の商標および登録商標です。

販売、技術的なお問い合わせ先:
infojapan@averna.com
045-222-3242

報道関係者からのお問い合わせ先
Isabelle Pilon、 マーケティング・スペシャリスト
isabelle.pilon@averna.com
T: +1-514-842-7577 x421
M: +1-514-814-8928

トピック: Contract Awarded
Source: Averna

セクター: Design Process, Media & Marketing, Electronics, Broadcast, Film & Sat
https://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2021 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 

Averna Releated News
2018年9月28日 7時00分 JST
Averna、先進的な衛星測位アプリケーションに対応する最新ソフトウェアツールキットを発表
2018年9月28日 7時00分 JST
Averna Announces New Software Toolkits to Support Advanced Satellite Navigation Applications
2018年2月15日 21時00分 JST
Averna、次世代GNSSアプリケーション向け広帯域500 MHzのRF信号収録・再生機を発表
2018年2月15日 21時00分 JST
Averna Introduces 500 MHz Wideband RF Record and Playback for Advanced GNSS Applications
2017年6月7日 8時00分 JST
Averna、インフォテインメントシステムのテスト用デジタルビデオとオーディオツールキットの販売においてMaxEye Technologiesとのパートナーシップ締結を発表
More news >>
Copyright © 2021 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Cookies Policy | Privacy Policy | Disclaimer | Terms of Use | RSS
US: +1 214 890 4418 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6549 7068 | Tokyo: +81 3 6859 8575