English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2018年9月7日 13時00分 HKT/SGT
Share:
    

Source: NEC Corporation
テレビ朝日・NEC・NTTドコモ、第94回日本学生選手権水泳競技大会における「5G」×「AR」新たなスポーツ観戦スタイルの実証実験を実施
競技場でも、選手の順位やタイムがリアルタイムで把握可能に

東京, 2018年9月7日 - (JCN Newswire) - 株式会社テレビ朝日(以下、テレビ朝日)、日本電気株式会社(以下、NEC)、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)の3社は、9月7日(金)から9月9日(日)まで神奈川県横浜市の横浜国際プールで行われる第94回日本学生選手権水泳競技大会で、第5世代移動通信方式(以下、5G)の特徴である「低遅延」を活用した「競技情報のリアルタイムAR表示」の実現に向けた実証実験をいたします。

本実験は、テレビ朝日が競技模様を撮影し、NECが5G実証環境の構築およびAR情報を表示するスマートグラスの提供、ドコモがAR表示するタブレット・スマートフォン端末を提供し実施するものです。また、競技情報(選手情報・順位・タイムなど)のAR処理を行うシステムは、テレビ朝日とNECで共同開発して提供します。

水泳競技大会では通常、会場内の電光掲示板に競技情報が表示されますが、観戦中に競技情報をリアルタイムに把握するには、視線をプール(選手)と電光掲示板で行き来させる必要があります。5Gでスマートグラスに競技情報を配信することで、プールから視線を動かすことなく競技情報のリアルタイムでの把握が可能となり、新たなユーザ体験の提供を実現します。

テレビ朝日、NECは「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」のパートナー企業です。ドコモを含む3社は本実験をきっかけとして、今後5G時代における新たなスポーツ観戦スタイルの検証を行ってまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/201809/20180907_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。

トピック: Press release summary
Source: NEC Corporation

セクター: Cloud & Enterprise
https://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2021 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 
NEC Corporation Links

http://www.nec.com

https://www.facebook.com/nec.global/

https://twitter.com/NEC_corp

https://www.youtube.com/user/NECglobalOfficial

https://www.linkedin.com/company/nec/

NEC Corporation Releated News
May 14, 2021 13:02 HKT/SGT
NEC X and Alchemist Accelerator Announce Partnership to Speed Successful Startup Launches
May 13, 2021 10:00 HKT/SGT
NECプラットフォームズ、コンパクトボックス型コントローラ専用拡張ボックスを発売
May 7, 2021 10:00 HKT/SGT
NECスペーステクノロジー、令和3年春の「黄綬褒章」を受章
May 6, 2021 13:13 HKT/SGT
NEC Develops Neuroscience-inspired AI Technology for Time Series Analysis
May 6, 2021 13:10 HKT/SGT
NEC、複雑な意思決定を行う際の脳活動の知見を応用したAI技術を開発
More news >>
Copyright © 2021 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Cookies Policy | Privacy Policy | Disclaimer | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8575