English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2019年3月5日 12時00分 HKT/SGT
Share:
    

Source: Sony
ソニー、100kHzの超高音域まで再生可能、広大な音場と臨場感を実現するステレオヘッドホン『IER-Z1R』発売
高音質技術を結集したSignature Series(シグネチャーシリーズ)

東京, 2019年3月5日 - (JCN Newswire) - ソニーは、100kHzの超高音域まで再生可能で、従来のインイヤー型では感じることが難しかった広大な音場と臨場感を実現する、ハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)対応ステレオヘッドホン『IER-Z1R』を発売します。本機は、ソニーが長年培ってきたアナログとデジタルの高音質技術を結集したSignature Series (シグネチャーシリーズ)です。

『IER-Z1R』は、低音域から中高音域、高音域、超高音域と、割り当てられた帯域の異なる3つのドライバーユニットを組み合わせた、「HDハイブリッドドライバーシステム」を搭載しています。また、それぞれのドライバーユニットが出力した音波が最適な位相で合わさるよう、音が伝わる経路を緻密に調整した新開発の「リファインドフェイズ・ストラクチャー」で、楽器やボーカル本来の音色を再現すると同時に、今までにないような音の分離感を実現します。

加えて、インナーハウジングにはマグネシウム合金を採用し、不要な振動を極限まで抑えることでクリアな音質を楽しめます。ハウジングには、非常に高い硬度と耐食性を持つジルコニウム合金を採用。フェイスプレートには、高級腕時計にも用いられる、地金に研磨で繊細なうろこ模様をつけるペルラージュ加工を施しています。本機の組み立ては、プロフェッショナル向け音響機器を長年生産し、高い組み立て精度と品質を誇るソニー・太陽(大分県)で行われています。

コンサートホールの特等席で聞いているような最高の音楽体験を、あらゆるところで楽しんでいただくことを目指した『IER-Z1R』は、演奏が始まる瞬間から終わりの静寂に至るまで、微小な音がもたらす繊細な空気感と、大音量時のスケール感や躍動感を再現し、音楽のダイナミズムが体感できます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201903/19-0305/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。

トピック: Press release summary
セクター: Media, Enterprise IT, Design/Art, Venture Capital, Digital
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2019 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 

Sony Releated News
May 21, 2019 15:00 HKT/SGT
ソニー、2019年度経営方針説明会を開催、テクノロジーに裏打ちされたクリエイティブエンタテインメントカンパニーとして進化
May 17, 2019 12:00 HKT/SGT
ソニー、フルカラーでの描画と消去を繰り返し行えるフィルムを開発
May 17, 2019 11:00 HKT/SGT
ソニーとマイクロソフト、新しいクラウドベースのゲーム体験やAIソリューションの開発に関する戦略的提携に向け意向確認書を締結
May 15, 2019 13:00 HKT/SGT
ソニー、独自のAIを活用した映像解析技術により、リアルタイムにクリエイティブな映像制作を支援する『Edge Analytics Appliance』発売
May 8, 2019 14:00 HKT/SGT
ソニー、Dolby Visionに対応したUltra HD ブルーレイプレーヤー『UBP-X800M2』を発売
More news >>
Copyright © 2019 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Privacy Policy | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8400