English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2020年4月23日 9時00分 HKT/SGT
Share:
    

Source: NEC Corporation
NEC、新型コロナウイルスに対するワクチンの設計に向けて、AIを活用した遺伝子解析の結果を公開

東京, 2020年4月23日 - (JCN Newswire) - NECは、世界の多くの人々のT細胞反応(注1)を促進しうるSARS-CoV-2(新型コロナウイルス)ワクチンの設計に向けて、AI予測技術を活用した遺伝子解析の結果を公開しました。本成果は、新型コロナウイルス感染症「COVID-19」感染拡大の対策として国際的に広がるワクチン開発を支援する取り組みであり、NEC OncoImmunity AS(NECオンコイミュニティ、注2)がNEC欧州研究所と協力して研究チームを立ち上げて得られたものです。本研究には、NECとNECオンコイミュニティが個別化がんワクチンの開発に使用しているAI予測技術を適用しました。

論文webサイト「bioRxiv」で公開した研究結果では、数千種類のSARS-CoV-2のゲノム配列を解析し、世界中の人々に最もよく見出される100個のHLAアリル(多様な免疫の型)に対するエピトープ(ワクチンのターゲットとなり得るもの)を特定しました。

具体的には予測アルゴリズムを用いて、コロナウイルスの名前の起源である表面のスパイクタンパク質だけでなく、SARS-CoV-2の全タンパク質を解析し、得られたデータをもとに、SARS-CoV-2のタンパク質の中から共通して見られるエピトープを重複して含む「ホットスポット」を、複数のHLAアレル型に対して特定しました。また本アルゴリズムを活用して、世界中の人々を最も広くカバーし、かつウイルスのタンパク質の中から変異が少なく今後も変異されにくいであろう保存領域で得られた最適なホットスポット群を優先的に選定しました。さらに、安全性のためウイルスのエピトープで人のタンパク質との類似性が高く、特に重要臓器に発現しているものは除きました。

本成果は、世界の多くの人々に効果的かつ安全と考えられ、かつ現在および将来のウイルス多様性にも対処できるワクチンの設計に向けた解析結果を提示し、NECグループのAI予測技術の高い技術力を示すものです。

NECは今回の成果を公開し、科学の進展を支援するとともに、ワクチンの開発加速を目的とした提携活動を開始します。

NEC 取締役 執行役員常務 兼 CTO(Chief Technology Officer)の西原基夫は次のように述べています。
「現在、世界が直面している深刻な問題にNECのAI技術が寄与できることを嬉しく思います。世界がこの困難な課題の解決に立ち向かっている中、社会の一員である企業としてNECもその取り組みに加わり尽力する責務があります。今回の研究をはじめ、NECグループの強みであるAI技術を最大限に活用し、様々な企業や機関と連携して新型コロナウイルス感染症の拡大を抑えて、世界の人々が一刻も早く日常生活を取り戻せるよう、邁進してまいります。」

NECオンコイミュニティ CSO(Chief Scientific Officer)のTrevor Clancy(トレバ-・クランシー)博士は次のように述べています。
「当社CEOのRichard Stratford(リチャード・ストラットフォード)博士とそのチーム、およびNECグループが、我々の個別化がん免疫療法向け機械学習ソフトウェア「NEC Immune Profiler」を現在注力しているがん領域から感染症領域へと迅速に適応させて、新型コロナウイルス感染症への対処を支援できることを大変嬉しく思っています。私たちのAIおよびバイオインフォマティクスプラットフォームが、世界の人々を守るだけでなく、現在や将来に発生しうる新型コロナウイルスの多様な変異種に対して、長く継続する記憶免疫反応をはじめとした広範な免疫反応を引き出す可能性のあるワクチンを設計できることは、大きな励みとなります。」

NEC欧州研究所 the Data Science and System Platform Division, General Managerの Saverio Niccolini(サベリオ・ニッコリーニ)博士は次のように述べています。
「私たちは、もともと個々のがん患者の免疫反応を予測するために設計したアルゴリズムを、感染症の大規模な集団向けに適用しました。私たちのアルゴリズムのコンピュータ検証(インシリコ検証)は、全大陸にわたる人間の遺伝的背景を考慮に入れています。拡大している新型コロナウイルス感染症の脅威を阻止する世界的な取り組みに私たちの成果が貢献できる可能性を示すことは、非常に重要であると考えています。すでにパートナー組織とウェットラボ検証について協議を始めており、世界の多くの人々に効果的なワクチンを開発するための重要なステップを進んでいます。」

論文情報
タイトル: Artificial intelligence predicts the immunogenic landscape of SARS-CoV-2: toward universal blueprints for vaccine designs
著者: Brandon Malone, Boris Simovski, Clement Moline, Jun Cheng, Marius Gheorghe, Hugues Fontenelle, Ioannis Vardaxis, Simen Tennøe, Jenny-Ann Malmberg, Richard Stratford, Trevor Clancy
アブストラクトURL: https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2020.04.21.052084v1

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202004/20200423_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。

トピック: Press release summary
セクター: Cloud & Enterprise
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2020 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 
NEC Corporation Links

http://www.nec.com

https://www.facebook.com/nec.global/

https://twitter.com/NEC_corp

https://www.youtube.com/user/NECglobalOfficial

https://www.linkedin.com/company/nec/

NEC Corporation Releated News
Nov 26, 2020 10:00 HKT/SGT
NEC、ローカル5Gをサービス型で提供開始
Nov 26, 2020 10:00 HKT/SGT
NEC、Beyond 5Gに向けたホワイトペーパーを公開
Nov 25, 2020 14:00 HKT/SGT
大阪大学サイバーメディアセンター、NECがクラウド連動型HPC・HPDA用スーパーコンピュータシステムSQUIDを2021年5月から稼働
Nov 25, 2020 14:00 HKT/SGT
NEC、日通総合研究所と共同でSIP「スマート物流サービス」の実証実験を実施
Nov 25, 2020 10:00 HKT/SGT
NECネクサソリューションズ、クラウド型RPAサービス「Robot as a Service」を提供開始
More news >>
Copyright © 2020 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Cookies Policy | Privacy Policy | Disclaimer | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8575