English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2020年7月31日 11時00分 HKT/SGT
Share:
    

Source: Mazda
マツダ、「MAZDA MX-30」を今秋国内に導入
EVモデルに加え、マイルドハイブリッドモデルもラインアップに追加

広島, 2020年7月31日 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下、マツダ)は、マツダの新世代商品群の第3弾であるコンパクトSUV「MAZDA MX-30(エムエックス サーティー)」を、日本国内に今秋導入いたします。

マツダは、MX-30を第46回東京モーターショー2019にて、マツダ初の量産EVモデルとして世界初公開しました。このたび新たにラインアップに追加するマイルドハイブリッドモデルは、技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」にもとづき、地域ごとに最適な動力源を適用するマルチソリューション戦略の一環として、直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」に独自のマイルドハイブリッドシステム「M HYBRID (エム ハイブリッド)」を組み合わせた「e-SKYACTIV G (イー・スカイアクティブ・ジー)」を搭載します。これにより、静かでスムーズな発進と上質なドライブフィールに加えて、モーターのエンジンアシストによる優れた燃費性能を実現しています。また、EVモデルは、今年度中にリース販売を開始する予定です。

MX-30は、自動車の常識にとらわれることなく、新しい価値の創造に挑戦した、人とクルマの新しい関係を提案するクルマです。デザイン、解放感のある室内空間、自然由来のインテリア素材、お客さまが自由な発想で多彩な楽しみ方を創造していただけるフリースタイルドア。これらを通じて、お客さま自身が自由な発想で、クルマの多彩な楽しみ方を創造し、より自分らしく過ごせる空間を提供します。

マツダは、クルマ本来の魅力である「走る歓び」によって、美しい「地球」と心豊かな「人」・「社会」を実現し、人の心をより元気にすることによって、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://newsroom.mazda.com/ja/publicity/release/2020/202007/200731a.html

概要:マツダ株式会社

詳細は www.mazda.co.jp をご覧ください。

トピック: Press release summary
セクター: Automotive
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2020 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 
Mazda Links

http://www.mazda.com

https://www.youtube.com/user/mazdaofficialweb

https://jp.linkedin.com/company/mazda-motor-corporation

Mazda Releated News
Aug 4, 2020 16:00 HKT/SGT
マツダ、「ひろしま “Your Green Fuel” プロジェクト」 において次世代バイオディーゼル燃料のバリューチェーンを構築
July 30, 2020 15:34 HKT/SGT
Mazda Production and Sales Results for June 2020 and for January through June 2020
July 30, 2020 15:00 HKT/SGT
マツダ、2020年6月および1~6月の生産・販売状況について(速報)
July 28, 2020 11:00 HKT/SGT
マツダ、令和2年7月豪雨災害に対する支援について
July 23, 2020 13:17 HKT/SGT
Mazda's Future Factory Operation Plans
More news >>
Copyright © 2020 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Cookies Policy | Privacy Policy | Disclaimer | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8575