English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2020年10月1日 12時30分 HKT/SGT
Share:
    

Source: LEXUS
LEXUS、「UX」に特別仕様車“Urban Elegance”を設定
-同時に、「UX」を一部改良-

豊田, 2020年10月1日 - (JCN Newswire) - LEXUSは、特別仕様車“Urban Elegance”を設定するとともに、「UX」を一部改良し、全国のレクサス店を通じて10月1日に発売しました。

特別仕様車“Urban Elegance”は、UX250h “version C”/UX200 “version C”をベースに、専用内装色としてリッチクリーム&ブルーとブラック&ブルーの2種類を設定。さらに、アームレストやドアトリムにはブルーのアクセントカラーを施すなど、スポーティかつ上質な室内空間としています。外装ではスピンドルグリルをはじめ、ヘッドランプ、ドアミラー、ルーフレール、ホイールにブラック塗装を施すなど、UXの洗練されたスタイルをより一層際立たせました。

また、パノラミックビューモニター、ブラインドスポットモニター[BSM*1]、パーキングサポートブレーキ(静止物+後方接近車両)[PKSB*2]、ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付)を標準設定。予防安全装備を充実させると共に、使い勝手の良さを向上させました。

また、一部改良では、パーキングサポートブレーキ(静止物)[PKSB*2]を全車標準設定としたことで、予防安全装備がさらに充実したほか、マルチメディアシステムがSmartDeviceLink(TM)*5、Apple CarPlay*6やAndroid Auto(TM)*7に対応。お使いのiPhone*6やAndroid(TM)*7スマートフォンを10.3インチワイドディスプレイに連携することで、リモートタッチによる画面操作や音声操作を可能としました。さらに従来の“F SPORT”に加えて“version L”、“version C”(特別仕様車“Urban Elegance”含む)にもパドルシフトを標準設定とするなど、操作性/利便性を向上させています。加えて、特別仕様車を含むUX250h全車で、上下2段階で使用可能なデッキボードを標準設定し、デッキ下段時、最大荷室容量約268L(アンダーデッキを含む)を確保しました。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/33759881.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

トピック: Press release summary
セクター: Automotive
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2020 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 
LEXUS Links

http://www.lexus-int.com

https://www.facebook.com/LexusJP

https://twitter.com/lexusint

https://www.youtube.com/user/LexusGlobal

LEXUS Releated News
Oct 22, 2020 13:30 HKT/SGT
LEXUS、初のEV市販モデル「UX300e」を発売
Sept 17, 2020 13:30 HKT/SGT
LEXUS、「RC」「RC F」を一部改良
Sept 15, 2020 18:00 HKT/SGT
LEXUS DESIGN AWARD 2021の全審査員・メンターが決定
Aug 20, 2020 13:30 HKT/SGT
LEXUS、「CT」を一部改良
Aug 18, 2020 18:00 HKT/SGT
LEXUS DESIGN AWARD 2021 審査員・メンターの一部を発表
More news >>
Copyright © 2020 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Cookies Policy | Privacy Policy | Disclaimer | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8575