English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2020年10月21日 13時00分 HKT/SGT
Share:
    

Source: Mitsubishi Electric
三菱電機、令和2年度「第68回電気科学技術奨励賞」を受賞
「電磁開閉器の省スペース遮断技術によるカドミウムフリー化」において

東京, 2020年10月21日 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社は、「電磁開閉器の省スペース遮断技術によるカドミウムフリー化」に関する技術が、令和2年度「第68回電気科学技術奨励賞」を受賞しましたのでお知らせします。受賞式は、11月25日(水)に学士会館(東京都千代田区)にて行われます。

受賞の概要

<第68回電気科学技術奨励賞>
「電磁開閉器の省スペース遮断技術によるカドミウムフリー化」
受賞者
三菱電機株式会社 先端技術総合研究所 稲口 隆/堀田 克輝
三菱電機株式会社 名古屋製作所 河合 秀泰

電磁開閉器は、電磁石の動作によって電気回路を遠隔から開閉できる産業用スイッチで、工場設備などに使用されるモーターやインバーターの制御など多くの用途で用いられています。電流の開閉を行う際、電気接点で発生するアーク放電※1を遮断するために、従来は電気接点の材料として、遮断性能に優れた銀酸化カドミウムを用いていました。近年は、環境負荷低減を目的として、カドミウムフリー化※2のニーズが高まっています。当社は2015年に、銀酸化カドミウムを用いずに電磁開閉器の電気接点で発生するアーク放電を効率よく消滅させる技術を開発し、業界最小クラスの筐体サイズ※3(従来体積比40%減※4)でカドミウムフリー化を実現しました。

電気科学技術奨励賞について

公益財団法人 電気科学技術奨励会が、電気科学技術に関する発明、改良、研究、教育などで優れた業績を挙げ、日本の諸産業の発展および国民生活の向上に寄与し、今後も引き続き顕著な成果の期待できる人を表彰するものです。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2020/1021.html

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。

トピック: Press release summary
セクター: Electronics
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2020 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 

Mitsubishi Electric Releated News
Nov 26, 2020 09:00 HKT/SGT
三菱電機、東京メトロ銀座線車両で「ヘルスエアー機能」搭載 循環ファンの試験搭載を開始
Nov 17, 2020 13:00 HKT/SGT
三菱電機、ニューヨーク市都市交通局から無線式列車制御システムのサプライヤー資格を取得
Nov 4, 2020 13:00 HKT/SGT
三菱電機、Z-Works社への出資のお知らせ
Oct 5, 2020 16:00 HKT/SGT
三菱電機、鉄道車両向け「故障予兆検知システム」を開発
Sept 9, 2020 14:00 HKT/SGT
三菱電機、IoTプラットフォームを活用したビル運用支援サービスを発売
More news >>
Copyright © 2020 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Cookies Policy | Privacy Policy | Disclaimer | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8575