English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2020年12月14日 10時00分 HKT/SGT
Share:
    

Source: Sony
ソニー、CDPが主催する水資源管理の調査において最高評価を獲得

東京, 2020年12月14日 - (JCN Newswire) - ソニー株式会社(以下、ソニー)は、CDPの水資源管理に関する調査において、最高評価である「Aリスト」企業※1に選定されました。2016年度、2017年度、2019年度に続き、今回が4回目の選定となります。

ソニーの事業は、持続可能な社会を目指して、環境に対する取り組みを長期視点で継続しています。現在は2050年までに自社の事業活動および製品のライフサイクルを通した「環境負荷ゼロ」達成に向けて取り組んでいます。

水資源管理においては、国内外の事業所における地域の水資源への影響を鑑みた排水リサイクルを推進するなど、積極的に活動を行っています。

大量の水を必要とする半導体の製造においては、イメージセンサー事業が継続的に成長するなか、国内の製造事業所では生産能力を増強しつつ設備改善や排水の再利用などを行い、生産に必要な水使用量の削減に取り組んでいます。また、半導体製造事業所の一つであるソニーセミコンダクタマニュファクチャリング株式会社 熊本テクノロジーセンターでは、「地下水涵養※2」を通じて地域の地下水の保全を行っており、生物多様性保全の先進事例として評価※3されています。

ソニーは自社活動のみにとどまらず、製造委託先のパートナー企業に対する要求も行っています。2021年度から2025年度までの環境中期計画「GM2025」では、立地に異存する水枯渇リスクを考慮した、水使用量の削減目標の設定と進捗管理を求めるなど、さらにエンゲージメントを強化します。

さらに、水に関する技術の提供も目指しています。例えば、独自開発した米の籾殻を原料とする新素材「Triporous(TM) (トリポーラス(TM))※4」は、優れた吸着特性による水質改善を実現できます。今後は工場排水の浄化設備や途上国・新興国の浄水器などへの応用だけでなく、水使用量の削減への貢献も期待されています。

ソニーは今後も長期的な「環境負荷ゼロ」の実現を目指して、サプライチェーン全体での環境負荷低減活動や環境に配慮した製品・サービスの創出に取り組み、持続可能なより良い社会の実現に向けた事業活動を推進してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/202012/20-098/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



トピック: Press release summary
セクター: Cloud & Enterprise, Design & Art, Venture Capital, Digital
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2021 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 

Sony Releated News
Feb 24, 2021 13:00 HKT/SGT
ソニー、「2021 World's Most Ethical Companies(世界で最も倫理的な企業)」の1社に選定
Feb 2, 2021 15:00 HKT/SGT
ソニー常務 北野宏明が米国人工知能学会の「AAAIフェロー」に選出
Jan 18, 2021 14:00 HKT/SGT
ソニー、エンタテインメントロボット「aibo 黒ごま エディション」を発売
Jan 14, 2021 13:00 HKT/SGT
ソニー、焦点距離35mmフルサイズ対応の大口径広角単焦点レンズ Gマスター(TM) 『FE 35mm F1.4 GM』 発売
Jan 12, 2021 11:00 HKT/SGT
ソニー、CES 2021に未来を再定義するテクノロジーをテーマに出展
More news >>
Copyright © 2021 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Cookies Policy | Privacy Policy | Disclaimer | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8575