English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2020年12月18日 9時00分 HKT/SGT
Share:
    

Source: NEC Corporation
NEC、インド チェンナイとアンダマン・ニコバル諸島を結ぶ2,300kmの光海底ケーブルの建設を完了

東京, 2020年12月18日 - (JCN Newswire) - NECは、NEC Corporation India(注1)を通じて2018年7月に供給契約を締結した、インドのチェンナイとアンダマン・ニコバル諸島を結ぶ大容量光海底ケーブルの建設を完了し、インド国営通信キャリアであるBharat Sanchar Nigam Ltd.(BSNL、バラート・サンチャル・ニガム、注2)に引き渡しました。

本光海底ケーブルシステムは、チェンナイとアンダマン・ニコバル諸島のポートブレアほか7地点を結び、総延長距離は約2,300km、毎秒100ギガビット(100Gbps)の最新の光波長多重伝送方式が採用されています。

本ケーブルの敷設により、アンダマン・ニコバル諸島の通信環境は飛躍的に向上するとともに、電子政府や電子商取引の推進、教育の電子化など、インド政府によるデジタル・インディア政策にも貢献します。

NECは、過去50年以上にわたり海底ケーブルシステム事業を手掛ける海底ケーブルのトップベンダーです。地球7.5周分のべ30万kmを超える敷設実績があり、特に日本を含むアジア・太平洋地域で強みを有しています。また、陸上に設置する光伝送端局装置・光海底中継器・光海底ケーブルなどの製造、海洋調査とルート設計、光海底ケーブルシステムの据付・敷設工事、訓練から引渡試験まで、全てをシステムインテグレータとして提供しています。なお、日本で唯一、深海8,000メートルの水圧に耐えられる光海底ケーブルを製造可能なNECの子会社である株式会社OCC(注3)が、本ケーブルの製造を担当しています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/202012/20201218_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。


トピック: Press release summary
セクター: Cloud & Enterprise
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2021 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 
NEC Corporation Links

http://www.nec.com

https://www.facebook.com/nec.global/

https://twitter.com/NEC_corp

https://www.youtube.com/user/NECglobalOfficial

https://www.linkedin.com/company/nec/

NEC Corporation Releated News
Feb 25, 2021 10:00 HKT/SGT
NEC、GIGAスクール構想の推進に向けて教育ICT事業を強化
Feb 22, 2021 11:59 HKT/SGT
Northgate Public Services Becomes NEC Software Solutions UK from July 2021
Feb 22, 2021 10:00 HKT/SGT
NEC・凸版印刷・マクニカ・コトバデザイン、平城宮跡歴史公園でローカル5GやMRを活用した新たな観光体験の実証実験を実施
Feb 22, 2021 10:00 HKT/SGT
Northgate Public Servicesの社名変更について
Feb 18, 2021 10:00 HKT/SGT
デジタルガレージ・NEC・レピダム、秘密計算の普及に向け技術の安全性基準を検討する「秘密計算研究会」を発足
More news >>
Copyright © 2021 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Cookies Policy | Privacy Policy | Disclaimer | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8575