English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2021年4月1日 11時30分 JST
Share:
    

Source: Showa Denko K.K.
昭和電工、2021年入社式社長訓示(要旨)

東京, 2021年4月1日 - (JCN Newswire) - 昭和電工の森川宏平 代表取締役社長は本日、2021年入社式社長訓示を行いました。要旨は以下のとおりです。

代表取締役社長 森川 宏平

化学の力で社会を変える

昭和電工グループは日立化成(現 昭和電工マテリアルズ)をパートナーとして、新たな一歩を踏み出した。まさに、100年に一度の大きな変化だ。

昨年12月に発表した長期ビジョンでは、統合新会社の存在意義・パーパスを「化学の力で社会を変える」とした。これを実現するために当社グループは、先端材料パートナーとして時代が求める機能を創出してグローバル社会の持続可能な発展に貢献する「世界で戦える会社」、「持続可能なグローバル社会に貢献する会社」に進化することを目指している。

真の一流に向かって全員で歩みだす。2021年はそういう意味を持つ1年だ。

変化を進化に変える

昭和電工グループという舞台で、本日から新たな一歩を踏み出す新入社員の皆さんに期待することを3点伝える。

1.考える

新入社員の皆さん自身のために、そして会社の成長のために、自分たちに「何ができるか」だけではなく、世の中が「何を求めているか」、自分たちが「どうあるべきか」を考え、そのために何が足りないかを考える、バックキャスティングの視点を意識してほしい。学業とは違い正解は複数ある。また時代によって正解は変わっていくものだ。広い視野で最新の情報を入手し続け、感度を鈍らせないよう努力を惜しまないでほしい。

2.有言実行

掲げた目標を言葉にし、必ず実行すること。言葉にすることで、覚悟と責任が生まれる。困難が伴っても簡単にあきらめずに、昭和電工のDNAである「不撓不屈」の精神で、覚悟と責任をもってこれからの仕事に取り組んでほしい。

3.大きな変化を経験できることを楽しむ

長期ビジョンに沿って、本気で世界トップになろうという志を共有してもらいたい。その志を達成するためのチケットを我々は手にしている。変化を進化に変えるのはみなさん一人ひとりの力だ。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.sdk.co.jp/news/2021/39426.html

概要:昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。

お問い合わせ先
CSR・コミュニケーション室
03-5470-3235

トピック: Press release summary
Source: Showa Denko K.K.

セクター: Chemicals
https://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2022 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 

Showa Denko K.K. Releated News
2022年5月20日 11時30分 JST
昭和電工、合成樹脂エマルジョンの販売価格改定を発表
2022年5月17日 11時30分 JST
昭和電工、不飽和ポリエステル樹脂およびビニルエステル樹脂の販売価格改定を発表
2022年5月13日 13時30分 JST
昭和電工と日本製鉄、「革新的分離剤による低濃度CO2分離システムの開発」計画がNEDOグリーンイノベーション基金事業に採択
2022年5月11日 15時00分 JST
昭和電工、2022年12月期第1四半期決算を発表
May 11, 2022 14:00 HKT/SGT
Showa Denko Announces 2022 First Quarter Financial Results
More news >>
Copyright © 2022 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Cookies Policy | Privacy Policy | Disclaimer | Terms of Use | RSS
US: +1 214 890 4418 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6549 7068 | Tokyo: +81 3 6859 8575