English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2021年7月8日 12時00分 JST
Share:
    

Source: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.
三菱重工工作機械、金属3Dプリンターの造形サービスを拡大
BJT方式の新規採用で多様な造形物への対応を可能に

東京, 2021年7月8日 - (JCN Newswire) - 三菱重工グループの三菱重工工作機械株式会社(社長:若林 謙一、本社:滋賀県栗東市)は、レーザー金属積層造形技術を用いた"金属3D(三次元)プリンター"の試作や受託生産などといった造形サービスを7月15日から拡大します。従来の大型造形物向けデポジション(DED)方式(注1)の金属3Dプリンターに加え、新たに小型造形物向けバインダージェット(BJT)方式(注2)の金属3Dプリンターをサービスラインアップに追加することで、1mmサイズの小型部品から1mを超える超大型部品まで幅広い造形物の製作に対応します。

三菱重工工作機械が新たに導入するのは、デジタルメタル社製の金属3Dプリンター「DMP2500」です。本装置が採用するBJT方式は非常に精緻な造形が可能である上、量産志向が高いという特長を持っています。これまで、独自のDED方式を採用した“LAMDAシリーズ”による造形サービスを提供してきましたが、特長が異なる方式の装置を導入することで幅広い造形ニーズに応え、造形物に応じた最適な製造法および装置の提案・提供が可能となります。

また、デジタルメタル社との間では、DMP2500をはじめとした同社製金属3Dプリンターの国内販売契約を2020年7月に締結しています。DED方式金属3Dプリンターに加えてBJT方式金属3Dプリンターも三菱重工工作機械の販売ラインアップに追加することで、本装置導入後のアフターサービスにも幅広く対応していきます。

金属3Dプリンターは製造プロセスを革新すると注目される一方で、製造物の製作難易度が高いことや品質保証などが課題になっています。今回のサービス拡大を機に、装置の販売ならびにノウハウ提供など積層造形に関するソリューション提案に注力し、製造現場へのいち早い適用を推し進めていきます。

三菱重工工作機械は、小型精密から超大型までの造形サービス体制を整え、幅広いニーズの試作や受託生産に対応することにより、金属3Dプリンターを活用した部品製造への参入を促し、産業界のサプライチェーン全体に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhi.com/jp/news/210708.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

トピック: Press release summary
Source: Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.

セクター: Energy
https://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2022 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 
Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. Links

http://www.mhi-global.com

https://www.youtube.com/user/DiscoverMHI

https://www.linkedin.com/company/mitsubishi-heavy-industries

Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. Releated News
Friday, 21 January 2022, 16:51 JST
Mitsubishi Power Europe and Stockholm Exergi partner to deliver clean power and heat to the city of Stockholm
2022年1月20日 15時30分 JST
三菱重工と三菱ロジスネクスト、シグマシンクスによる倉庫物流の知能化・自動化プロジェクトが始動
2022年1月18日 15時00分 JST
三菱重工グループとオカムラ、倉庫内の無人化物流ソリューションを製品化
Tuesday, 18 January 2022, 14:18 JST
MHI: Successful Demonstration Test of World's First Fully Autonomous Ship Navigation Systems on Coastal Ferry in Northern Kyushu
2022年1月17日 19時00分 JST
日本財団・三菱造船・新日本海フェリー、無人運航船プロジェクト「MEGURI2040」において世界初の大型フェリーの無人運航実証を北九州市で成功
More news >>
Copyright © 2022 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Cookies Policy | Privacy Policy | Disclaimer | Terms of Use | RSS
US: +1 214 890 4418 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6549 7068 | Tokyo: +81 3 6859 8575