English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2021年7月29日 10時30分 HKT/SGT
Share:
    

Source: Showa Denko K.K.
昭和電工、電動車用アルミニウム製冷却器の生産ラインを増設

東京, 2021年7月29日 - (JCN Newswire) - 昭和電工株式会社(社長:森川 宏平)は、電気自動車、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車などの電動車に搭載されるパワーモジュール(Power Module、以下PM)(注1)向けアルミニウム製冷却器の需要増加に対応するため小山事業所の生産能力を倍増させることを決定し、2022年初頭の稼働開始に向けて生産ラインの増設に着手いたしました。

PM向けアルミニウム製冷却器

電動車用のPMは電動車の航続距離の延長や燃費の改善など、性能向上に寄与する重要部品です。PMは車内の限られたスペースに搭載しなければならないため、PM向け冷却器には、小型かつ搭載方法の自由度が高いことと同時に、高効率化・高放熱化が求められています。

当社が生産するPM向けアルミニウム製冷却器は、絶縁基板に放熱用の当社製アルミフィンを真空ロウ付け(注2)で直接接合することにより、小型で冷却水用の配管の位置を柔軟に設計できる高い汎用性と、高い放熱効果を実現しています。当製品は2019年から生産を開始しており、国内大手PMメーカーでモジュール化され、日本国内やアジア各地の自動車メーカーに採用されています。

今後カーボンニュートラル実現に向けたグローバル規模での取り組みの強化を背景に、自動車業界でも電動車へのシフトが加速し、一層の市場拡大が見込まれています。当社は長年培ってきたアルミニウム合金設計技術と加工技術、パワーモジュール評価技術をもとに、より小型で高性能のPM向け冷却器の開発・生産に取り組み、お客様の課題を解決するソリューションを提供して、アルミ機能部材事業の拡大を目指してまいります。

注1: パワーモジュール:複数のパワー半導体を組み合わせ、電源関係の回路を集積した部品。電動車の性能向上に寄与する重要部品。
注2: 真空ロウ付け:ロウ付けとは、母材をほとんど溶かさない接合法。炉の中が真空状態なため、炉内の温度を高精度に管理調整が可能で、寸法精度の厳しい当製品のような微細精密部品の接合に適している。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.sdk.co.jp/news/2021/38017.html

概要:昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。

お問い合わせ先
CSR・コミュニケーション室
03-5470-3235

トピック: Press release summary
Source: Showa Denko K.K.

セクター: Automotive, Chemicals, EVs, Transportation
https://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2021 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 

Showa Denko K.K. Releated News
Oct 18, 2021 11:30 HKT/SGT
昭和電工、酢酸・酢酸ビニルの国内販売価格改定を発表
Oct 8, 2021 16:00 HKT/SGT
昭和電工、第三者割当増資における発行新株式数の確定に関するお知らせ
Oct 8, 2021 15:00 HKT/SGT
Showa Denko Announces Number of Shares to be Issued under Third-Party Allotment
Oct 7, 2021 11:30 HKT/SGT
昭和電工、次亜塩素酸ソーダの国内販売価格改定を発表
Sept 30, 2021 15:00 HKT/SGT
昭和電工、2021年10月1日付人事異動を発表
More news >>
Copyright © 2021 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Cookies Policy | Privacy Policy | Disclaimer | Terms of Use | RSS
US: +1 214 890 4418 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6549 7068 | Tokyo: +81 3 6859 8575