English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2021年9月22日 12時00分 HKT/SGT
Share:
    

Source: SOZO IP, LLC
アイズナー賞殿堂入り漫画家:小島剛夕 NFTアート2作品を発表
〜SOZO COMICSを通じて、世界最大級のマンガマーケットプレイスTROPHEEに出品〜

TOKYO, JAPAN, 2021年9月22日 - (JCN Newswire) - 時代劇の作品で有名なアイズナー賞の殿堂入り(※)漫画家、小島剛夕(故人)氏の著作権を管理する合同会社ごうせきプロダクション(本社:東京都)は、SOZO COMICS(本社:米国ロサンゼルス)を通じて、世界最大級のマンガのマーケットプレイスを運営するTROPHEE(本社:シンガポール)にてNFTアートを発表·出品いたします。

TROPHEEは、自社で世界最大級のマンガNFTマーケットプレイスの開設と運営を行い、β版の公開を2021年7月より開始しています。

SOZO COMICSは、「アーティストダイレクト、デジタルファースト」をモットーに日本の漫画作品を全世界へ向けてデジタル配信するとともに、NFTアートやブロックチェーン技術を利用した様々なNFT商品の企画開発を行なっております。

ごうせきプロダクションは、著作権を管理する約65,000点以上の小島剛夕の原画の中から、全世界のファンに向けてNFTアートを発表することといたしました。記念すべき第一弾のNFTアートは「剛夕-女忍者おぼろ」と「剛夕-侍」の2作品です。どうぞ、ご期待ください。



(※)毎年米国サンディエゴで開催されている世界最大のキャラクターコンベンションのコミコン·インターナショナル。ここで発表される、アイズナー賞は"コミック界のアカデミー賞"と呼ばれる権威あるコミック賞で、アイズナー賞の中でも、"コミックの殿堂 (The Will Eisner Award Hall of Fame)"は作品ではなく、漫画家の"殿堂入り"を認める名誉ある賞です。日本人では、手塚治虫、小池一夫、小島剛夕、大友克洋、宮崎駿、高橋留美子(受賞順)の6名が受賞しています。

小島剛夕(1928-2000):

画家の家に生まれ、映画看板、紙芝居等で絵を描きながら貸本漫画家を経て漫画家デビュー。

筆を使って漫画を描く。代表作は「子連れ狼」「首切り朝」「惨殺者」「宮本武蔵」等、時代劇作品を中心に多数の劇画調漫画を執筆した。2004年アイズナー賞殿堂入り。

ごうせきプロダクション:https://www.gosekipro.com
SOZO COMICS:https://www.sozoip.com/
TROPHEE:https://www.trophee.xyz

このリリースのお問い合わせは:SOZO COMICS 金子志保:shiho@sozoip.com まで

SOURCE: SOZO IP, LLC



トピック: Press release summary
Source: SOZO IP, LLC

セクター: Media & Marketing, Travel & Tourism, Gaming, Broadcast, Film & Sat, Daily News, Design & Art, Blockchain, Digitalization, NFTs
https://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2021 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 

SOZO IP, LLC Releated News
Sept 22, 2021 13:00 HKT/SGT
アイズナー賞殿堂入り漫画家:小島剛夕 NFTアート2作品を発表
June 2, 2021 07:00 HKT/SGT
SOZO ComicsがTropheeと提携、世界最大のクリエイターおよびファン向けマンガNFTマーケットプレイスの立ち上げを発表
More news >>
Copyright © 2021 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Cookies Policy | Privacy Policy | Disclaimer | Terms of Use | RSS
US: +1 214 890 4418 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6549 7068 | Tokyo: +81 3 6859 8575