English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2022年1月19日 15時00分 JST
Share:
    

Source: Mitsubishi Electric
三菱電機、「MelCare見まもりサービス」受注開始
見守りに関する介護従事者の業務負担を軽減、質の高い介護サービスの提供に貢献

東京, 2022年1月19日 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社は、高齢者向けヘルステック※1事業「MelCare(メルケア)」の第一弾として、高齢者施設を対象に、入居者の転倒検知から普段の睡眠状況まで複数の見守り項目をまとめて把握できる「MelCare見まもりサービス」の受注を4月1日に開始します。居室内の状況をAIスマートセンサーで把握し、クラウドとの連携で異常があった場合には素早く介護従事者に通知することで、業務負担を軽減させ、高齢者に寄り添った質の高い介護サービスの提供に貢献します。

新サービスの特長

1.「MelCareセンサー」で、入居者の異常検知から暮らしの様子までまとめて把握
- 業界で初めて※2環境センサー(温度、湿度、CO2)や赤外線センサー※3、画像センサーなどを一体化させ、当社独自のAI技術「Maisart(R)(マイサート)※4」を組み込んだAIスマートセンサー「MelCareセンサー」を開発
- 「MelCareセンサー」と就寝時の心拍数を測るベッドセンサーなど複数センサーで取得した情報を基に、入居者の異常や暮らしの様子、室内環境などを一つの見守りサービスとしてまとめて把握
- 各種センサーを一つのセンサーに一体化させたことで、施工も簡単で設置が容易

2. センサー側とクラウド側のAI連携で、プライバシーに配慮した転倒検知を実現
- 「MelCareセンサー」に搭載したAI技術「Maisart」と、クラウド上のAIを連携
- 「MelCareセンサー」が取得した居室内の映像の中からAIが入居者の骨格情報を検出し、骨格情報のみをクラウドに送信。クラウド上のAIが分析し、転倒などを検出することで、入居者のプライバシーを配慮した転倒検知を実現
- クラウドのWebサーバ上にUI(ユーザーインターフェース)を構築し、専用アプリケーションを経由せず、スタッフのスマートフォンやサイネージへ情報を素早く通知
- アラート発生時の記録機能により、転倒時の状況が把握できるように転倒前後の画像再生が可能

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2022/0119.html

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。

トピック: Press release summary
Source: Mitsubishi Electric

セクター: Electronics
https://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2022 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 

Mitsubishi Electric Releated News
2022年5月10日 14時18分 JST
三菱電機家電統合アプリ「MyMU」を6月にバージョンアップ
2022年5月10日 14時00分 JST
三菱電機、量子コンピュータ系スタートアップの株式会社QunaSysへ出資
2022年4月21日 16時30分 JST
三菱電機、「産業用LV100タイプ 2.0kV IGBTモジュールTシリーズ」サンプル提供開始
2022年4月20日 16時00分 JST
三菱電機、「マルチリージョン型デジタル電力最適化技術」を開発
2022年4月12日 12時00分 JST
三菱電機、AIを用いた「手ぶら観光ソリューション」の実証実験を開始
More news >>
Copyright © 2022 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Cookies Policy | Privacy Policy | Disclaimer | Terms of Use | RSS
US: +1 214 890 4418 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6549 7068 | Tokyo: +81 3 6859 8575