English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2016年3月23日 14時00分 HKT/SGT
Share:
    

Source: ISID
ISID、「瀬戸内ブランドコーポレーション」設立に参画
国内最大規模の地域ブランド推進体制(日本版DMO※1)をITで支援

東京, 2016年3月23日 - (JCN Newswire) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井節生、以下ISID)は、瀬戸内地域の観光産業活性化を目的に、同地域内外の事業会社27社と金融機関19社が共同で2016年4月1日に設立する「株式会社瀬戸内ブランドコーポレーション」に発起人として参画し、出資することをお知らせします。

■新会社の役割■

株式会社瀬戸内ブランドコーポレーションは、瀬戸内のブランド化を加速させ、さらには、観光地経営の視点に立った観光地域づくりの舵取り役としての役割を果たすべく、一般社団法人せとうち観光推進機構※2(2016年4月設立予定)と連携して、国内最大規模、かつ、世界でも例を見ない体制である、瀬戸内ブランド推進体制※3(=せとうちDMO)を構築します。瀬戸内地域が国内外の多くの人から選ばれる地域となるために、観光関連産業に対して経営支援や資金支援を行うことで、瀬戸内地域の価値の最大化を目指してまいります。

■参画の背景■

今回の参画は、ISIDグループの中期経営計画「ISID Open Innovation2018『価値協創』」に掲げる、「地方創生イノベーション」への取り組みの一環として実施するものです。

ISIDはかねてより、先端技術を活用した新たな街づくりや観光サービス等の研究開発を進めてきました。2013年に開業した大型複合施設グランフロント大阪では、街の運営事業者と共同で世界初のソーシャルシティ・プラットフォームを導入。また2015年には、シェアサイクルとスマートフォンを活用して、外国人旅行者を地域の名所や商店街に送客する実証実験を旧東海道品川宿エリアで実施するなど、数多くの実績を重ねてまいりました。

さらに、地方創生を実現する新たな金融サービスとしての可能性も注目されるFinTech領域においては、早くからその動向に着目し、FinTechスタートアップ企業への出資や協業をはじめとする独自の取り組みを進めています。

新会社への参画にあたっては、これらの実績や知見を最大限に生かし、多様な関係者の協働によるイノベーション創出をテクノロジーの側面で支援することにより、新会社およびせとうちDMOが目指す、瀬戸内地域の価値の最大化に貢献してまいります。

■出資概要■

(1)出資方法: 発起人として1,000万円の金銭出資を実施
(2)出資予定日: 2016年4月1日
(3)出資総額: 10,000,000円
(4)引受株式数: 10,000株

■新会社の概要■

(1)商号: 株式会社瀬戸内ブランドコーポレーション
(2)代表者: 代表取締役社長水上圭(みずかみけい)
(3)本店所在地: 広島県広島市中区基町10番3号
(4)従業員: 15名程度
(5)資本金: 資本金4億5,000万円
(6)出資者: 事業会社27社、金融機関19社
(7)設立予定日: 2016年4月1日
(8)事業内容
:1)事業化・事業拡大・新規事業開発に必要な経営支援
:2)事業化および成長に必要な資金の供給
:3)DMS※4 の開発

※1 DMO/日本版DMO
DMO はDestination Management Organization の略。地域観光の需要創造を目的に、戦略策定、各種調査、マーケティング、商品造成、プロモーション等を一体的に実施する、主に米国・欧州で見られる組織体。国内では、政府が「まち・ひと・しごと創生総合戦略」や「観光立国実現に向けたアクション・プログラム」等において、地方創生に資する観光地域づくりの推進母体として「日本版DMO」を位置づけ、全国各地での組織づくりを推進している。
※2 一般社団法人せとうち観光推進機構
瀬戸内ブランドの確立を目的とし、代表者を民間人、理事を兵庫県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県の7県とする一般社団法人。
※3 瀬戸内ブランド推進体制
瀬戸内エリアの価値向上のため、一般社団法人せとうち観光推進機構、観光関連事業者、株式会社瀬戸内ブランドコーポレーションが連携する体制。上記※1 の日本版DMO に当たる。
※4 DMS
Destination Management System の略。DMO の活動を支援するために、様々なチャネルやプラットフォームを統合し、観光コンテンツ等を包括的に配信(サービス化)する仕組み。

<電通国際情報サービス(ISID)会社概要>
社名: 株式会社電通国際情報サービス(略称: ISID)
代表者: 代表取締役社長釜井節生
本社: 東京都港区港南2-17-1
URL: http://www.isid.co.jp
設立: 1975年
資本金: 81億8,050万円
連結従業員: 2,559名(2015年12月末現在)
連結売上高: 56,771百万円(2015年12月期)※9カ月決算
事業内容: 1975年の設立当初から顧客企業のビジネスパートナーとして、コンサルティングからシステムの企画・設計・開発・運用・メンテナンスまで一貫したトータルソリューションを提供してきました。IT Solution Innovator をビジョンとし、金融機関向けソリューション、製品開発ソリューションをはじめ、グループ経営・連結会計、HRM(人事・給与・就業)、ERP、マーケティング、クラウドサービスなど、幅広い分野で積極的な事業展開を図っております。

* 本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

【事業に関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス
コミュニケーションIT 事業部 正木、竹内
TEL: 03-6713-8092
E-Mail: [email protected]

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス
コーポレートコミュニケーション室 李
TEL: 03-6713-6100
E-Mail: [email protected]

トピック: Press release summary
セクター: Enterprise IT, IT Individual
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2020 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 

ISID Releated News
Dec 18, 2019 11:00 HKT/SGT
アイティアイディコンサルティング、社名変更および代表取締役社長異動のお知らせ
Dec 5, 2019 16:00 HKT/SGT
セブン銀行とISIDの合弁会社ACSiONが不正検知プラットフォーム「Detecker」提供を開始
Dec 5, 2019 16:00 HKT/SGT
セブン銀行とISIDの合弁会社ACSiONが不正検知プラットフォーム「Detecker」提供を開始
Dec 4, 2019 11:00 HKT/SGT
ISIDとビープラッツ、製造業など大手のサブスクリプション事業支援で提携
Nov 29, 2019 15:00 HKT/SGT
ISID、「第3回日経スマートワーク経営調査」で4星を獲得
More news >>
Copyright © 2020 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Privacy Policy | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8575