English | 简体中文 | 繁體中文 | 한국어 | 日本語
2016年9月20日 10時00分 HKT/SGT
Share:
    

Source: ISID
ISID、IoTゲートウェイサービスのXSHELLと資本・業務提携
IoT機器とクラウドの連携を容易に実現するプラットフォーム・サービスを提供

東京, 2016年9月20日 - (JCN Newswire) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)は、製造業や社会インフラ領域におけるIoT(Internet of Things)事業強化のため、IoTゲートウェイ※1 サービス事業を展開する株式会社XSHELL(読み:エクシェル、本社:東京都品川区、代表取締役:瀬戸山 七海)と資本・業務提携しました。
XSHELL は、今後急速な市場拡大が見込まれるIoTゲートウェイ分野において、革新的技術を有するベンチャー企業です。

IoTの進展に伴い、センサーやデバイスなど、IoTを構成する機器の稼働台数が今後爆発的に増大することが予想されており、収集したデータをクラウドを活用して蓄積・分析するサービスの開発も進みつつあります。しかしながら、これらIoT機器とクラウド環境をつなぐゲートウェイ機能は、いまだ標準化がなされていないため、多種多様なIoT機器やネットワーク、クラウド環境等に対応するソフトウェアを個別に設計・開発する必要があり、開発にかかる期間やコスト、あるいは専門的スキルを持つ開発者の不足などが、IoTによる新たな仕組みやサービスを立ち上げる際の妨げとなっています。

XSHELLは、IoT機器に搭載される組み込みソフトウェアに加え、ネットワークやクラウドに関する高度なスキルとノウハウを有しており、その技術力をベースに、IoTゲートウェイの開発に必要な各種機能をあらかじめ備えたプラットフォーム・サービス(PaaS)である「isaax(アイザックス)」を開発・提供しています。isaaxの活用により、煩雑な開発作業をわずか数ステップで実行でき、導入コストを1/25※2 に削減、期間を1/6※2 に短縮することができます。また、同時に複数台のデバイスをクラウドから一元的に管理する機能を備えており、デバイスの状態管理やプログラムのアップデートを一括して行うことができるため、IoT機器の保守、運用性が向上します。(isaaxの詳細は右記参照: http://isaax.io/

ISIDは、IoT関連事業を中期経営計画における戦略領域と位置付け、特に製造業向け事業領域を中心に、ソリューションの拡充を図ってまいりました。今回の提携を通じて、ISIDの持つソリューションや知見とXSHELL の技術・サービスを組み合わせることにより、IoTの利活用が進みつつある製造業や社会インフラ領域において、業務用車両の走行管理(フリートマネジメント)やオフィスビル設備のセンシング・最適化等をはじめとする新しい仕組みやサービスの実現を支援してまいります。
また同時に、出資を通じてXSHELLとの協力関係をより強固なものとすることで、IoT領域のソリューション強化を加速させるとともに、XSHELLのさらなる成長を支援してまいります。

出資概要およびXSHELLの会社概要は次のとおりです。

<出資概要>
出資方法: XSHELLの株式を第三者割当増資によりISIDが取得

<XSHELL 会社概要>
会社名: 株式会社XSHELL
代表者: 代表取締役 瀬戸山 七海
設立: 2014年8月
所在地: 東京都品川区西五反田1-26-2-308
事業概要: IoT開発に特化したPaaS の開発販売
URL: http://xshell.io/

※1
IoTゲートウェイ: 様々なセンサーからデータを収集しクラウドに送信したり、個々のセンサー、デバイスを運用する機能。インテル Edisonなどの超小型コンピューターとOS、アプリケーションで構成される。センサーデータを全てクラウドに送信するには、通信データ量、速度、コストなど様々な制約があるため、IoTゲートウェイにて必要な情報を取捨選択しクラウドに送信するケースが増えている。
※2
XSHELLが開発を実施した個別プロジェクトの実績に基づく数値。

<ご参考資料>

関連プレスリリース
- ISID、製造業向けIoT プラットフォーム提供でPTCと提携~センサーデータを効率的に収集・可視化し、製造業のビジネスモデル革新を支援~(2015年10月14日)
http://www.isid.co.jp/news/2015/1014.html
- ISIDとラピスセミコンダクタ、920MHz 帯無線通信とBluetooth(R)Low Energy を用いたIoT インフラ『SynapSensor』を開発(2014年10月3日)
http://www.isid.co.jp/news/2014/1003.html

<電通国際情報サービス(ISID)会社概要>
社名: 株式会社電通国際情報サービス(略称:ISID)
代表者: 代表取締役社長 釜井 節生
本社: 東京都港区港南2-17-1
URL: http://www.isid.co.jp
設立: 1975年
資本金: 81億8,050万円
連結従業員: 2,559名(2015年12月末現在)
連結売上高: 56,771百万円(2015年12月期)※9カ月決算
事業内容: 1975年の設立当初から顧客企業のビジネスパートナーとして、コンサルティングからシステムの企画・設計・開発・運用・メンテナンスまで一貫したトータルソリューションを提供してきました。IT Solution Innovatorをビジョンとし、金融機関向けソリューション、製品開発ソリューションをはじめ、グループ経営・連結会計、HCM(人財・人事給与就業)、ERP、マーケティング、クラウドサービスなど、幅広い分野で積極的な事業展開を図っております。

* 本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

【事業に関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス
戦略ビジネス推進部 データサイエンス3部 芝田、戸田
TEL: 03-6713-6135
E-Mail: [email protected]

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス
コーポレートコミュニケーション室 李
TEL: 03-6713-6100
E-Mail: [email protected]

トピック: Press release summary
セクター: Enterprise IT, IT Individual
http://www.acnnewswire.com
From the Asia Corporate News Network


Copyright © 2020 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.

 

ISID Releated News
Dec 18, 2019 11:00 HKT/SGT
アイティアイディコンサルティング、社名変更および代表取締役社長異動のお知らせ
Dec 5, 2019 16:00 HKT/SGT
セブン銀行とISIDの合弁会社ACSiONが不正検知プラットフォーム「Detecker」提供を開始
Dec 5, 2019 16:00 HKT/SGT
セブン銀行とISIDの合弁会社ACSiONが不正検知プラットフォーム「Detecker」提供を開始
Dec 4, 2019 11:00 HKT/SGT
ISIDとビープラッツ、製造業など大手のサブスクリプション事業支援で提携
Nov 29, 2019 15:00 HKT/SGT
ISID、「第3回日経スマートワーク経営調査」で4星を獲得
More news >>
Copyright © 2020 ACN Newswire - Asia Corporate News Network
Home | About us | Services | Partners | Events | Login | Contact us | Privacy Policy | Terms of Use | RSS
US: +1 800 291 0906 | Beijing: +86 400 879 3881 | Hong Kong: +852 8192 4922 | Singapore: +65 6653 1210 | Tokyo: +81 3 6859 8575